システムトレードで資産運用!2「選択型シストレ」の比較


ミラートレーダー

前回、「システムトレードで資産運用!」として、「選択型シストレ」のメリットやデメリットについて見てきました。システムトレードのなかには「EA」を使った自動売買もあれば、先述の「選択型シストレ」もあります。そして、「選択型シストレ」にもいくつかの種類があります。ここでは「選択型シストレ」の種類について見ていきましょう。

 

「選択型シストレ」はふたつのグループに分けられる

「選択型シストレ」とは、FX会社があらかじめ提供する「ストラテジー」(手法と近い意味)を「選択」することでシステムトレードができるというものです。EA(自動売買ソフト)を買う必要もなく、またパソコンを24時間起動しておく必要もないため、裁量トレードからシステムトレードへのはじめの一歩として「選択型シストレ」を選ぶ人が増えてきています。

現在、国内の「選択型シストレ」は、大きくふたつのグループに分けられます。

  1. ミラートレーダー
  2. その他

「ミラートレーダー」はイスラエルのトレーデンシー社が開発したプラットフォームです。このプラットフォームはインヴァスト証券をはじめとした多くのFX会社が導入しています。

「ミラートレーダー」以外のFX会社が独自で開発した「選択型シストレ」は、その他に分類されます。

 

「ミラートレーダー」

ミラートレーダー

ミラートレーダーは「選択型シストレ」において圧倒的な人気を誇っています。導入しているFX会社によってサービス名が異なります。以下、ミラートレーダーを採用している各社の一例です。

  • インヴァスト証券:シストレ24
  • セントラル短資:セントラルミラートレーダー
  • アヴァトレード:アヴァミラートレーダー

ほかに、FXトレードフィナンシャル(FXTF)の「FXTF ミラートレーダー」、FXプライムbyGMOの「選べるミラートレーダー」、FXDD(海外のFX会社)の「ミラートレーダー」などがありましたが、終了しています(FXTFは11月26日終了)。

ミラートレーダーを導入しているFX会社のサービスは、ストラテジーを選んで運用するという点においては基本的に同じです。そこで、各社はツールなどで差別化を図っています。

 

シストレ24

ミラートレーダーを扱っているFX会社の中で口座数がもっとも多いのがインヴァスト証券の「シストレ24」です。インヴァスト証券は「Myシストレ24」というツールを開発しました。「Myシストレ」では、各ストラテジーの状態をアイコン化することで、直感的に理解できるようになっています。

また、新機能「フルオート」では、ストラテジーを自動で入れ替えることができるようになりました。これにより、定期的に自動で好調なストラテジーを選ぶことが可能です。

【特長】

  • ストラテジー数世界一
  • アイコンを起用して直感的に理解できる
  • スマホ、タブレット可能
  • フルオート機能により自動的にストラテジーが入れ替わる

 

セントラルミラートレーダー

一方、セントラル短資の「セントラルミラートレーダー」では、情報コンテンツが充実しています。セントラル短資はシストレ専用のコミュニティサイト「シストレ広場」があります。「シストレ広場」では、ミラートレーダーの攻略法の解説した動画やコラムを見ることで、理解を深めることができます

【特長】

  • 初心者向け情報コンテンツが充実
  • 動画やコラムで攻略法を解説
  • 優秀なストラテジーを絞り込むスクリーニング機能
  • 全体を把握できるリスク・リターンマップ

 

その他の「選択型シストレ」

stock-624712_960_720

「ミラートレーダー」以外の選択型シストレは、FX会社が独自に開発しています。以下、FX会社が独自に開発したサービスの一例です。

  • トレイダーズ証券:みんなのシストレ
  • ひまわり証券:エコトレFX
  • YJFX!:トレードコレクター

 

みんなのシストレ

トレイダーズ証券の「みんなのシストレ」は、システムこそ独自に開発したものですが、そこで採用されているストラテジーに関しては株式会社ゴゴジャン(fx-on)や株式会社テラス(テラス)で人気のものになります。

また、最低1000通貨から売買できるのも特長のひとつです(ミラートレーダーは最低5000通貨から売買可能)。

【特長】

  • 大手プロバイダからストラテジーの供給を受ける
  • 1000通貨から取引できる
  • 少ない資金で複数のストラテジーを運用するのに最適

 

エコトレFX

ひまわり証券の「エコトレFX」も、売買プログラムを選ぶことで自動売買を行うことができます。「エコトレFX」には「ポートフォリオジェネレーター」というツールがあります。これは「ポートフォリオ」を「ジェネレート(生成する)」という名前の通り、最適な売買プログラムの組み合わせを自動でマッチングしてくれるというものです。

【特長】

  • ポートフォリオジェネレーターが最適な組み合わせをマッチング
  • 人間の先入観を排除できる
  • 中長期の収益安定が期待できる

 

トレードコレクター

これまで紹介してきたのは、あからじめ提供されている「プログラム」を基に売買をするタイプのものです。一方、YJFX!の「トレードコレクター」は「プログラム」ではなく、「人」のトレードをコピーします。そのため「コピートレード」というのが近いかもしれません。

YJFX!の外為ex(YJFX!の裁量トレードのサービス)の取引情報を公開しているカードクリエイター(FXトレーダー)の取引情報を基に売買シグナルが作成され、自動売買が行われます

【特長】

  • 優秀な人のトレードを真似できる(自動売買が行われる)
  • 人間の判断が売買シグナルの基となっている
  • 突発的な値動きに対応できる

 

まとめ

システムトレードの入門にぴったりの「選択型シストレ」にも、いくつもの種類があることがわかりました。代表的なツールは「ミラートレーダー」です。なかでもインヴァスト証券の「シストレ24」がもっとも代表的なサービスといえます。これらの「選択型シストレ」ツールを使い分けることでリスク分散をしながら、システムトレードをはじめてみましょう。

インヴァスト証券【シストレ24】

取引高キャンペーン


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA