【無料エクセルあり】トレードノートの作り方


office-620817_960_720

FXで成功している人が共通して実行し、うまくいっていない人が実行していないことに「トレード記録」があげられるといいます。たしかに自分の取引を客観的に分析することは大切です。ことシステムトレードにおいては手法の成績を把握するためにも、トレードノートをつけるのは必須といえます。ここでは「FX攻略.com 2016年12月号」の田向宏行さんのコラム「トレードノートの作り方」を参考に見ていきましょう。

 

成功のためにはその過程が重要

成長過程で重要なのは、客観的に自分を見て、そのときにやるべきことを正しくやっていくことではないでしょうか。そうした意味で、トレードノートや取引データの集積は有効な方法です。

コラムの中で「太っている人が急にスリムになることはない」という記述があります。成長には必ず「過程」があり、それを客観的に見ることが大切です。

 

判断理由を記録し、それから戦略作り

取引データから、ある手法の勝率や期待値が分かれば、あとは資金管理をするだけで成功する確率はグッと高くなります。

裁量トレードにしても、システムトレードにしてもトレードごとの記録をつけることは大切です。その手法がもつ「勝率」「平均勝ちトレード」「平均負けトレード」などを記録することで、その手法が使えるのか、または使えなくなってきたかの判断もできるようになります。

 

FXは自分のスタイルで稼ぐ

自分の取引スタイルが固まってくれば、そのチャンスだけに集中して取引すれば良いわけで、チャンスのない相場で悶々とチャートを見続ける必要もありません。

この「自分のスタイル」を見つけるためにトレードノートが必要であると田向宏之さんはいいます。裁量トレードの人はひとつでも「自分のスタイル」ができれば、その手法に集中すればよくなります。

 

トレードノートに記録する内容

コラムでは田向宏之さんは「システム手帳」を使って記録する方法を紹介しています。これはデジタルデータは消失するリスクがあるのが理由です。

以下、記録する内容になります。

新規

  1. 通貨ペア
  2. 日付
  3. 曜日
  4. 約定時間
  5. 取引価格
  6. 取引量
  7. 損切り値
  8. 判断理由

決済

  1. 約定時間
  2. 決済価格
  3. 損益額
  4. 損益pips

1回のトレードにつき1枚のリフィルを使う場合は上記の方法でも良いでしょう。

 

エクセルを使うならまとめるのもオススメ

Excel(エクセル)やGoogle スプレッドシートなどを使う場合は、まとめてしまっても良いかもしれません。また、並びについて「日付」と「曜日」が先頭の方が分かりやすく感じたので、変更しています。

  1. 日付
  2. 曜日
  3. 通貨ペア
  4. 新規約定時間
  5. 取引価格
  6. 取引量
  7. 決済時間
  8. 決済価格
  9. 損益額
  10. 損益pips
  11. 判断理由(備考やまとめ)

 

トレードノートを作ってみました

トレードノート

ここで無料で使えるトレードノートをGoogle スプレッドシートで作ってみました。エクセルと同じように使えます。ダウンロードすれば、エクセルファイルとして編集もできるので、ご活用ください(スプレッドシートは閲覧専用に設定しています)。

曜日と通貨ペアはプルダウンで選択できるようになっています。通貨ペアは主要通貨ペアのみのため、マニアックな通貨ペアをトレードしたい場合は、直接入力してください(編集していただいてもかまいません)。

「損益額」「損益pips」を入力すると、「合計」が計算されるようになっています。

無料トレードノートはこちらからダウンロードできます。

 

トレードノートのダウンロード方法

トレードノートのダウンロード方法

トレードノートをダウンロードするには、「ファイル」から「形式を指定してダウンロード>Microsoft Excel」を選択します。指定した場所にダウンロードできます。

 

行を追加するには

トレードノートの行の追加方法

「行を追加」するには、適当な行を選択して(画像だと25〜28を選択しています)右クリック、「○行を上に挿入」もしくは「○行を下に挿入」を選択します。

ただし、いちばん下の行(画像だと29行目)で「1行を下に挿入」してしまうと、損益額や損益pipsの合計値が正しく計算されなくなる(関数の対象からはずれてしまう)ため、いちばん下の行を使った操作はしないようにしてください(「上に挿入」する分には問題ありません)。

 

まとめ

「トレードノートの作り方」について見てきました。トレード記録をつけることで、FXの成長の過程が客観的に見えること間違いありません。後半で紹介したトレードノートは誰でも無料で使うことができます。トレードのお役に立てれば幸いです。

無料トレードノートはこちらからダウンロードできます。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA