GEM-Tradeの選択型シストレ「ゲムdeミラートレード」


ゲムdeミラートレード

GEM-Trade(ゲムトレード)は、無料でEAが利用できるサービスです。しかし、GEM-Tradeを利用するには、MetaTrader 4(MT4/メタトレーダー4)をインストールしたり、EAの設定をしたりと、システムトレードをしたことがない人にとっては少しハードルが高いのも事実です。

GEM-Tradeでは、本家「GEM-Trade」のほかに、ストラテジー(売買手法のようなもの)を選ぶだけで自動売買ができる「ゲムdeミラートレード」というサービスも用意しています。ここではゲムdeミラートレードについて見ていきましょう。

 

ミラートレードとは?

ミラートレードとは、自社サーバで稼働しているストラテジーを選択すると、そのストラテジーが行った売買が、自分の口座にも反映されるという仕組みです。

日本国内では「ミラートレーダー」というシステムを、いくつかのFX会社が採用しています。

「ミラートレード」と「ミラートレーダー」という表記がややこしくなってしまいますが、「ミラートレード」というのは上記のような仕組み全般を指します。「ミラートレーダー」はイスラエルのTradency社が提供するミラートレードの名前です。

 

「ゲムdeミラートレード」と「ゲムdeミラッテラー」

ゲムdeミラートレードのホームページを見ていると、「ゲムdeミラートレード」という表記のほかに「ゲムdeミラッテラー」という表記がたまに出てくることがあります。

本サービスは2013年10月に「ゲムdeミラッテラー」という名前で始まりました。現在は「ゲムdeミラートレード」に名前を変更しサービスを続けています。

 

ゲムdeミラートレードでは何ができるか

ゲムdeミラートレードでは、GEM-Tradeに登録されているEAをミラートレードとして利用できます。

通常、GEM-Tradeで無料ダウンロードしたEAは、24時間パソコンとMT4を起動させておく必要がありますが(もしくはVPS環境を作る)、ゲムdeミラートレードではストラテジーを選ぶだけで、パソコンやMT4を起動しておく必要はありません。

そのため、MT4やEAの設定が面倒、もしくは苦手という方にもぴったりのサービスとなっています。また、少額資金で始める場合、VPSの節約にもつながります。

もちろんGEM-Tradeを利用しながらゲムdeミラートレードを使うことも可能です。後述のGEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座がひとつあれば、裁量トレードも、GEM-TradeのEAによる自動売買も、ゲムdeミラートレードも同時に使えます。

ゲムdeミラートレードはすべてのサービスを無料で利用できます。

 

ゲムdeミラートレードに必要なFX口座

ゲムdeミラートレードを使うには、GEMFOREXの口座が必要になります。GEMFOREXはGEM-Tradeが設立したFX会社です。GEMFOREXはゲムdeミラートレードだけでなく、GEM-Tradeでも様々なメリットがあるので、GEM-Tradeのサービスを利用する場合は、ぜひ持っておきたい口座になります。

余談ですが、以前はゲムdeミラートレードのサービスはFXDDが対応していたのですが、2015年1月以降はGEMFOREXのみが対応となっています。ご注意ください。

>>GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座開設をする手順

 

ゲムdeミラートレードの利用条件

ゲムdeミラートレードは口座資金残高に応じて4つのユーザー区分が用意されています。ユーザー区分による利用できるシステムの数は以下の通りです。

ユーザー区分 利用できるシステムの数
ビギナーズ 1
アドバンス 3
プロフェッショナル 5
マスターズ 無制限

【口座資金残高】

  • ビギナーズ:5万円($500)以上〜20万円($2,000)未満
  • アドバンス:20万円($2,000)以上〜50万円($5,000)未満
  • プロフェッショナル:50万円($5,000)以上〜100万円($10,000)未満
  • マスターズ:100万円($10,000)以上

GEM-Tradeは、GEMFOREXを使っていると少額資金でもEAの無制限ダウンロードができましたが、ゲムdeミラートレードでは、GEMFOREXでも口座資金残高に応じて利用できるシステムの数が決められています。

反対に、GEM-Tradeでは、月々にダウンロードできるEAの数が決められていましたが、ゲムdeミラートレードは途中変更は「回数無制限」で行えます。つまり、同時に利用できるシステム上限数が決められているだけで、システムの変更は何度もできることになります。

 

気になるスプレッドは…?

ミラートレード全般に言えることですが、通常のFX口座と比べてスプレッドが広いという傾向があります。これはサービスが無料で利用できるため、実質の利用手数料と言えます。

例えばミラートレードのサービスを行っている某社のスプレッド(単位はpips)を見てみましょう(スプレッドは時間帯によっても変動します)。

通貨ペア 通常のFX口座 某社のミラートレード
ドル円 0.5 2.8
ユーロ円 0.8 4.0
ポンド円 1.3 6.0
ユーロドル 1.3 3.2

通常のFX取引と比べて、ミラートレードを利用した取引は、かなりスプレッドが広いことが分かります。

一方、ゲムdeミラートレードはGEM-Tradeでもゲムdeミラートレードでもスプレッドは変わりません。ただ、GEMFOREX自体、スプレッドが元からあまり狭くないという事情もあります…。

通貨ペア GEM-Trade ゲムdeミラートレード
ドル円 2.0 2.0
ユーロ円 2.8 2.8
ポンド円 3.0 3.0
ユードドル 2.1 2.1

さらに、GEMFOREXはFinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)というキャッシュバックサイトを経由して開設して口座でも使えます。FinalCashBackを経由して口座開設すると、1回のトレードにつき0.5pipsがキャッシュバックされます。

つまり、実質のスプレッドは、表記されているより、さらに0.5pips狭くなるのです。

通貨ペア GEM-Trade ゲムdeミラートレード
ドル円 2.0→1.5 2.0→1.5
ユーロ円 2.8→2.3 2.8→2.3
ポンド円 3.0→2.5 3.0→2.5
ユードドル 2.1→1.6 2.1→1.6

 

ゲムdeミラートレードのデメリット

ここまでゲムdeミラートレードのメリットについて見てきましたが、ここではゲムdeミラートレードデメリットについて見てみましょう。

ゲムdeミラートレードのデメリットとして考えられるのは、ストラテジーの細かいパラメータの設定ができないことです。

GEM-Tradeで無料ダウンロードしたEAは、パラメータごとに自分で細かく設定できます。しかし、ゲムdeミラートレードで使うストラテジーは、EAの内容こそ同じものですが、設定できるのはロット(取引枚数)のみになります。

もっとも、ストラテジーごとに、開発者が推奨するパラメータがあらかじめ設定されているので、心配はありません(推奨パラメータに設定されているということについてはサポートに確認済です)。

 

ゲムdeミラートレードの特長をまとめると

ゲムdeミラートレードの特長をまとめてみます。

【メリット】

  • すべてのサービスを無料で利用できる。
  • MT4の設定をする必要がない。
  • パソコンを起動しておく必要がない(VPSを使わなくて良い)。
  • GEM-Tradeと比べてスプレッドが不利にならない。
  • キャッシュバックを受けられる。

【デメリット】

  • 利用できるFX業者はGEMFOREXのみ。
  • 口座残高によって使えるシステムの数が決められている。
  • パラメータの詳細を設定できない。

 

まとめ

GEM-Tradeが展開するミラートレードサービス、ゲムdeミラートレードについて見てきました。

システムトレードをしたいけれど複雑な設定はしたくない、少額資金のためVPSなどの維持費をかけたくない、そんな個人投資家のためにミラートレードの需要は今後もいっそう伸びると思われます。GEM-Tradeと合わせてぜひご利用ください。

>>ゲムdeミラートレード


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA