グーグル好調の秘訣「10倍のスケールで考える“10X”」の仕組み


グーグル好調の秘訣「10倍のスケールで考える“10X”」の仕組み

2015年1月29日に発表されたグーグルの2014年決算は、売上高が前年比18.9%増の660億100万ドル、純利益は同11.8%増の144億4400万ドルで、ともに過去最高を更新。この収益を基にグーグルは続々と革新的な製品やサービスを生み出していて、それを支えるのが同社独特のカルチャーなのだ。

「グーグルが特徴的なのは『イノベーション』と『スケーラビリティ』が共存している点です」と話すのは、グーグル日本法人の川合純一執行役員で、大手企業向けの広告サービスを手がける部署を統括している。イノベーションは必ずしも理屈から生まれるものではなく、偶然の発見や出会いも重要視しているそうだ。一方のスケーラビリティは、より汎用性が高い、世界中で広く使われるようなサービスを追求していくことを意味するという。

「その2つのせめぎ合いにより、いままでにない革新的なサービスを生み出すのがグーグルのカルチャーなのです」と川合さんはいう。そして、この難題を解くための重要なカギとなるのが、「10倍のスケールで考える」という“不文律”なのだ。社内の現場では「10X(テン・エックス)」という言葉が使われることが多いそうだ。

あるチームで過去の実績や市場調査などのデータを基に、来期の目標を100と設定したとする。これはあくまでも「ロジカル」に設定したもので、十分に達成可能な数字。普通の会社だと、この目標に向かって努力していく。しかし、グーグルではいったん脇に置き、「10Xでいこう」と呼びかけ、より野心的な計画を再考する。文字通り100の10倍、1000を達成するためにはどうすればいいのかと。

グーグル好調の秘訣「10倍のスケールで考える“10X”」の仕組み

PRESIDENT Onlineにあった記事です。グーグルがいかにして革新的なサービスを作り出してきているか、そんなことが少し(←少し)分かる気がします。

「10xでいこう」というのは、とどのつまり「目標は大きく」というのが近いのでしょうか。それを実現するためには何が必要か考える。さすが最先端の会社だけあります。

 

20%ルール

自由な雰囲気という点でいうと、グーグルには「20%ルール」もある。仕事時間の20%を自分の好きなことに使え、お馴染みの「Gmail」や「Google日本語入力」なども、これを活用して生み出されてきたのだ。

記事の中ではグーグルおなじみの「20%ルール」についても言及があります。これは有名なルールですよね。仕事時間の20%は自分の好きなことに使えるというものです。

記憶が正しければですが、たしかfx-onを運営しているゴゴジャンさんもこの「20%ルール」を採用していた気がします(「採用しようと思っている」だけだったかもしれませんが…)。

もし、そんな中で「EAつくーる」とかが生まれたのかもと思うと、これまた興奮してきそうでございます。

 

この記事に対する反応

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA