成果を出したいなら、最高速度よりも「平均速度」を高めるべし


成果を出したいなら、最高速度よりも「平均速度」を高めるべし

9カ月で3冊もの本を書き上げた、ネーサン・バリーという友人がいます。どうしてそんなことができたのでしょうか? ネーサンはあるシンプルな戦略をとりました。1日に1000ワード書くと決めたのです(だいたい2〜3ページ)。そして、それを253日間、1日も欠かさず実行しました。1日に1000ワードというのは、決して「全力疾走」ではありません。いわば「平均速度」です。ここに重要なポイントがあります。

この戦略と、本を書き上げるために何週間も小屋に缶詰になって狂ったように書きまくる、よくある作家のイメージを比較してみましょう。

小屋にこもる猛烈作家は、ものすごい「最高速度」の持ち主で、1日に20ページ、いや、30ページは書いてしまうことでしょう。しかし、そんなスピードで何週間も走り続けていれば、本が終わる前に、書き手のほうが終わってしまうかもしれません。一方、ネーサンの最高速度は、猛烈作家には遠く及びません。それでも、1年、2年の長いスパンで見たときに、「平均速度」ではネーサンが勝っているはずです。

成果を出したいなら、最高速度よりも「平均速度」を高めるべし

ライフハッカーにあった記事です。端的に言うと、徹夜のように一気に仕上げるのではなく、日々コツコツとすることが大切となります。

記事では自分の現在の平均速度を知り、より速度を上げられないか考えるという方法が紹介されています。

習慣ステップアップ方式とは、現在の平均速度を把握し、より理想に近づくために、もう少し速度を上げられないか考えるということです。

余談ですが、とてつもないスピードで本を書く西尾維新さんの目標はいつも、「昨年より多くの仕事をする」のだそう。恐ろしいです…。

 

この記事に対する反応


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA