売上につなげよう!フリーランスのためのSNS戦略


売上につなげよう!フリーランスのためのSNS戦略

Pick The Brain:フリーランスや個人事業主にとって、自分の宣伝をしたり、注目を集めたりするのは簡単なことではありません。しかし、ソーシャルメディアなら、完全に無料な上に、人脈を広げるチャンスがあります。LinkedInで強力なプロフィールをつくることから、Twitterで業界のコネを探すことまで、ソーシャルメディアのパワーをうまく利用すれば、仕事のキャリアに計り知れないほどの恩恵を受けられます。

今回は、フリーランスや個人事業主支援をする「Intouch Accounting」の専門家が、もっとも”売上につながる”と見ているソーシャルメディアをいくつか紹介しましょう。うまく活用すれば、明るい未来が待っているはずです。

売上につなげよう!フリーランスのためのSNS戦略

ライフハッカーにあった記事です。僕も30代に入りながらもフリーランスであるという身分が故、それを理由に結婚できないのだと自分に言い聞かせることにしています。

もちろん都合上、「法人各」は持っていても、フリーランスと何も変わりません。そして、事業(と偉そうに書いてみたものの「仕事」と同義です)によっては、法人を介さず、完全に個人として働いているものもます(これぞフリーランス)。

「フリーランス」というカタカナの響きから、どこか以前の「フリーター」に憧れを抱いていた80年代中期の若者のように、おなじくあこがれを抱いてしまいがちなフリーランス(なんか強そうな槍みたいですものね)。

 

働かなければお金にならない

そんなフリーランスは働けば働いた分だけお金にはなりますが、反対に言えば働かなければまったくお金にならないというなんとも厳しい現実を、鮭の川登のように進まねばなりません。というより、働いた分だけお金になって働かなければお金にならないという方がごく自然な気がするのですが。

記事の中では、Twitter、Facebook、LinkedIn(リンクトイン)を活用したフリーランスの仕事の見つけ方が紹介されています。TwitterやFacebookで仕事を見つけるってすごいです。LinkedInは日本ではあまり見かけることはありません。

僕はTwitterもFacebookも記事更新の通知ばかりであまり個人的に活用することはないのですが(ニュースはよく拾っています)、使いこなしている方はここから仕事を見つけているようです。

 

お仕事に便利なクラウドソーシング

参考までにですが、僕ははじめてお仕事をする場合、クラウドワークスランサーズうといったクラウドソーシングを使うことが多いです。クラウドソーシングとは、仕事をしたい人と仕事を依頼したい人や企業をつなぎます。

今でこそこれまでに仕事をしてきた人から輪のようにお仕事をいただいたり、そもそも自分で仕事を作ってしまうことが増えてきましたが、最初はシステムトレードの間の時間を使おうとシコシコと記事を書いたりしていました(今もたまに書いています)。

クラウドソーシングは在宅で仕事ができるため、軽視されがちですが、ライティングでもこれだけで月に20〜30万円くらいは達成できるので、証拠金の足しになるはずです。ちなみにこれくらいガッツリやっていると本部からお声がかかってさらに大きなお仕事をいただけるようになったりします(そうすればしめたもの!)。

「SNS戦略」とは異なりますが、FXトレーダが隙間時間にお仕事をする上で活用したいクラウドソーシングもご紹介しました。

※Twitterってマンガやゲームの場合、すごく反応が大きいのですが、ちょいビジネスっぽくなるとRTは多くともコメントが少ないという傾向があるようです(特にライフハッカー)。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA