高所得の人ほど陥りやすい落とし穴


高所得の人ほど陥りやすい落とし穴

一般的に高所得の方ほど、お金が貯まっているというイメージがあるだろう。確かに、高所得の方が家計に余裕がある分、お金が貯まりやすいのは事実だ。しかし、今まで、高所得の方たちのマネー相談に携わってきたが、所得の割にお金が貯まっていないというケースは少なくない。そこで、今回は、高所得の方の陥りやすい落とし穴について、これまでのマネー相談を例に紹介したい。

高所得の人ほど陥りやすい落とし穴

ZUU onlineにあった記事です。

「高所得になりたい」これは誰もが願うことです。しかしお金を持ってもお金に関する悩みが尽きないというのが今回の記事の主題となります。

それでは見てみましょう。

 

高所得の人ほどお金が貯まりやすいは本当!?

収入が上がればそれだけ家計に余裕ができるので、高所得の方が、お金が貯まりやすいのは事実だろう。ただ、高所得の人の相談にも多数のってきたが、意外に多いのが所得の割にお金が貯まっていないケースである。

高所得の人ほど陥りやすい落とし穴

お金がない人はもちろんのこと、お金がある人もお金がない人が多いというのが現実のようです。その理由としてあげられているのが、「支出の多さ」です。

 

普段の買い物が少しずつ贅沢に!

たとえば、コーヒーを飲むときには、マクドナルドやドトールではなく、スターバックスやタリーズ、洋服はユニクロではなく、ユナイテッドアローズ、日常の買い物は、西友やイオンではなく、成城石井や紀ノ国屋などで買い物をするといった具合だ。この普段の買い物全てにおいて単価が高いので、結果的に金額がかさんでしまう。年収が高く、特に無駄遣いしているわけでもないのに思うようにお金が貯まらないという家庭の多くは、ここにお金が貯まらない原因があるケースが少なくない。

高所得の人ほど陥りやすい落とし穴

ふわっとした表現がされていますが、これぞ「見栄」ではないでしょうか。

僕の周りでも世帯収入はあるはずなのに、日々の生活にカツカツになってしまっている人たちがいます。他人の生活に口を出すのも違いますし、それとなくお話を聞いている限り、なかなか見栄を張った生活をしているなという印象を持ってしまいます。

お金が増えるも減るも、収入から支出を引いた金額が残るという原則に尽きます。この学歴も必要ない計算ができればお金がなくなることはないと思うのですがどうでしょうか。

 

まとめ

記事の後半にはこうあります。

親世代の常識は現代では非常識

僕たちがあの頃、大人たちに不満を覚えていたように、いつかは同じように時代遅れになっていく日も近いのかもしれません…。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA