【独立から起業へ】日本にもスタートアップの時代がやって来る


日本にもスタートアップの時代がやって来る

スマートフォンの普及によって、だれもが場所と時間を問わずインターネットに接続できる環境が実現し、ビジネスのインフラに本質的な変化が訪れようとしている。本誌ウェブコラム「経済ニュースの文脈を読む」でお馴染みの評論家、加谷珪一氏によれば、「日本のビジネス環境に大きな変化をもたらす可能性を秘めている」動きだ。

日本は欧米に比べ、起業家が少ない、起業しにくい、などとよく言われる。実際、日本政策金融公庫の調査によれば、起業予備軍(経営経験がなく、現在起業に関心がある人)は全体の15.7%いるのに、実際に起業した人は1.4%しかいない(2015 年1月21 日「起業と起業意識に関する調査」)。

日本にもスタートアップの時代がやって来る

ニューズウィーク日本版にあった記事です。本記事は前編と後編の2部構成になっていますが、ここでは2部をセットでご紹介します。

冒頭にもあるように「起業に関心がある人は15.7%」いるのに、「実際に起業した人は1.4%」しかいないようです。だんだん自営業(会社経営も含め)が増えてきてはいるものの、まだまだ圧倒的に会社員が多いのが現実です。

とりわけFXなぞをしていれば色眼鏡で見られること間違いありません。

僕もけっして自分の口からは言いませんし、聞かれても「少々…あと記事を書いたり…」などとぼやかしてしまうのです。間違っても「アフィリエイト」などとカタカナを言ってしまうと胡散臭さ全開になってしまいましょう。

とはいえ、実際にはカタカナにも全力で向かわないわけにはいきません。いつだって本音と建前を持って臨むのが日本人の美徳でございます。インターネットが普及した今、誰もが「起業」できるチャンスが来ました。

たしかに僕の周りでも「会社を辞めたい」「起業したい」という声は聞きますが、誰一人行動に移している人はいません(悪いという意味ではありません)。

この記事は前半よりも後半の方が読み応えがあったりします。

 

就職して人生のスト―リーを与えられる時代は終わった

よく大学生と話をしていて思うのは、自分で物語をつくっていく時代になっている、ということです。これまでは、人生のストーリーっていうのは、就職した時点で与えられるものだった。それが、いまはストーリー自体も多様化しているし、自分で選んでつくっていかなくてはいけない。

だから、若いうちから自分自身のストーリーをしっかりと見つめておかなくてはいけない、そう思います。

こういうこと見て「意識が高い」とするか、真摯に受け止めるかで変わりそうです。現実に目を背けながら「給与が安い」と言っている時代こそ終わったと思います。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA