投資の「期限」があなたを縛りつける ~マネーハック心理学


投資の「期限」があなたを縛りつける ~マネーハック心理学

私たちの行動原理は必ずしも論理的ではありません。そして、非合理的な行動はお金の問題でもしばしば起こります。

お金の問題に心理学のアプローチを応用した行動ファイナンス(行動心理学)をネタに、お金とココロの関係を考える「マネーハック心理学」。今回は「お金を増やす期限」について考えてみます。

投資の「期限」があなたを縛りつける ~マネーハック心理学

ライフハッカーにあった記事です。逆説を申し上げる気が毛頭ないのですが(「が」の時点で逆説の接続助詞になってしまうのですが/以下ループ)、iPhoneや旅行費のために運用をしようという考えを持ったことがありませんでした。たしかに周りで聞くこともありましたが、「変わってるなぁ」と思っていて。

僕はどちらかというと、記事の中では「良くない」とされている「漠然と」派なのですが、明確な目標を持っている人とそうでない人はどちらが多いのでしょうか。

 

週末、年末、年度末を期限として意識しすぎることには要注意

株式投資は短期で行うべきだと考えている人がたくさんいます。これは投資の本質的にはあまり意味がないのですが、実行する人はたくさんいます。

例えば「当日中」ないし「今週中」などで売買を行う人がいます。デイトレーダー、スイングトレーダーなどと呼ばれますが、長く投資を続けることができず、儲けている場合も損している場合もすぐ手放してしまいます。

その後中長期的にその会社が伸びるなら、短期的な「期限」は儲けのチャンスを逸していることになりますし、一時的な下落にすぎないのなら直に株価は戻りますから、これまた短期的な「期限」が損失を確定させていることになります。「期限」に縛られて、本来の投資の収益がどこにあるかを忘れてしまっているという例です。

投資の「期限」があなたを縛りつける ~マネーハック心理学

失敗する人の多くはこれの気がします。

 

あえてアリな縛りは「年末」である

といいつつも、個人が考えてもいい「期限」の縛りがひとつだけあります。それは「年末」です。

投資の「期限」があなたを縛りつける ~マネーハック心理学

記事の中では「年末」縛りにする理由として「税金」が上げられています。法人なら「決算」縛りでしょうか。

個人の方法で言うと、今朝の記事でアップしたように、一定期間でリセットさせるという意味もあり、年末にリセットさせることもあります。

週足を使った寄り引けトレードの2015年のFX成績

 

この記事に対する反応

ライフハッカーのお金関係ってTwitterにコメントが集まることって少ないんです。反対にニコニコニュースで取り上げられるような内容はTwitterと相性が良いのか、ものすごい数のコメントが集まります。ITだとギズモードとかもそうでしょうか。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA