nekonoteさんの「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」ゴールドを使った珍しいEA


カコテン iCCI (type DI) XAUUSD

ドル、ユーロ、円、世界にはさまざまな通貨があります。円ではなくポンドを入れる方が適切なのかもしれません。かつて世界の中心といえばポンドでしたが(「世界の中心はオーストラリアだよ」という方は10年前を生きるロマンチストです)、二度に渡る世界大戦、そしてジョージ・ソロスがとどめを刺したこともあり、現在はドルが取って代わっています。

もっと遡れば、日本は肉を稲と交換していたりして…と遡りすぎました。保管がきくものとして貝が用いられ…まだまだ過去すぎています(「○○すぎる」って抵抗ある表現です)。結果、「金(gold)」が価値あるものとして使われてきました。

1971年のニクソン・ショックまでは…。

1971年、ニクソン大統領によって金とドルの交換が廃止されました。ここでは詳しい解説は割愛します。

さて、FXは証拠金を使って「通貨」を取引するものです。一方、証拠金を使って「金属」や「エネルギー」などを取引するものがあります。これらはCFDなどと呼ばれます。差金決済取引という点においては同じです。

今回ご紹介する「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」は、金と米ドル(XAU/USD)を使ったEAになります。

2016年5月6日配信のGEM-Trade無料EA人気ランキングより、6位にランクインしたnekonoteさんの「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」を見てまいりましょう。

 

nekonoteさん

nekonoteさんはGEM-Trade(ゲムトレード)、fx-onにEAを出品されています。GEM-Tradeには、以下の7EAを提供されています。

  1. カコテン iMACD GBPJPY
  2. カコテン iMomentum (type DI) GBPJPY
  3. カコテン iMomentum (type DI) USDJPY
  4. カコテン iMomentum (type DI) EURAUD
  5. カコテン iMomentum (type DI) EURCAD
  6. カコテン iMomentum (type DI) EURJPY
  7. カコテン iCCI (type DI) XAUUSD

全EAに共通する「カコテン」とは、「過去10年分をテストしました」「過去10」で「カコテン」です。今やすっかりnekonoteさんを表す言葉といえます。カコテンのあとの英単語は、おそらく使っているテクニカル指標と思われます。

「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」でいうとCCIなので、CCI(Commodity Channel Index)を使ったものでしょうか。

 

「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」

「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」は以下のようにあります(カコテン全般です)。

カコテンは売買ロジックをシンプルにすることで、長期間にわたり安定した成績を残すことを目指したEAです。
売買ロジックや各種フィルタは、その1つ1つに寿命があると考えており、複数のロジックやフィルタを搭載するとEAの寿命がより短くなると認識しております。

市況に左右されにくいシンプルなロジックを搭載。
・バーの始めにしか動かないEAであり確定足でシグナル判定。バックテストとフォワードの乖離を抑える設計。
・最大でも1つのポジションしか持たない。両建てなし。
・ナンピンやマーチンゲールは行わない。
・ブローカーの時差やサマータイムの影響は受けない時間足を使用。

僕も概ね同じ意見を持っています。地味ですが、バーの始めにしか動かないってけっこう大切だったりします。どんなに長期間バックテストしても、どんなにスプレッドを比較しても、どんなに全ティックでテストしようが、最小の単位は1分足にすぎません。それ未満はすべて「無」として扱われます。これが「デジタル(digital)」の特徴です。

EAの概要を見てみましょう。

  • 通貨ペア:XAU/USD
  • 使用時間足:1時間足
  • 最大ポジション数:1
  • 両建て:なし
  • 取引スタイル:スイングトレード

EAの名前にも入っている「DI」とは方向性判定のことだそうです。このDIによって”スランプの少ないトレードを実現”とあります。バックテストが楽しみです。

 

「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」のパラメータ

以下は、「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」のパラメータになります。まずはザッと見てみましょう。カッコ内()はデフォルト値(初期値)です。

 

パラメータ

  • MagicNo:マジックナンバー(16031701)
  • Lots:取引ロットを入力します(0.1=1万通貨)(0.1)
  • StopLoss:ストップ値をpipsで入力します(210)
  • TakeProfit:リミット値をpipsで入力します(360)
  • Slippage:スリッページをpipsで入力します(10)
  • TrailingStop:トレーリングストップの幅をpipで入力します(0)
  • TradeEMail:約定時のメール通知の設定(true:使用する/false:使用しない)(false)
  • TradeErrorEmail:約定エラー発生時メール通知の設定(true:使用する/false:使用しない)(false)

「MagicNo」はEA固有のマジックナンバーを最大10桁で入力します。誤作動が起きる原因になるため、同じ口座に同じマジックナンバーが存在しないようにします。

「TrailingStop」は初期値では「0」(無効)になっています。nekonoteさんの言葉を借りると、

短期的にはトレーリングストッ プが有効なケースもありますが、長期的にはあまり効果がないことが判明しています。

リスクマネジメントとして、$5,000に対して0.1ロット(1万通貨)が推奨されています。以下のバックテストでは$10,000ですが、損益が分かりやすいように0.1ロットで実施しています。

 

「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」のバックテスト結果

カコテン iCCI (type DI) XAUUSD

「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」のバックテストを実施しました。スプレッドは30(3.0pips)で実施しています。nekonoteさんのバックテストは40(4.0pips)で実施されています(開発者さんの方が厳しい環境という…)。

  • 期間:2005年1月〜2016年4月
  • 初期証拠金:10000(ドル)
  • 取引ロット:0.1(1万通貨)
  • 純益:+31,929.30(ドル)
  • プロフィットファクタ:1.41
  • ペイオフレシオ:1.70
  • 最大ドローダウン:6.37
  • 勝率:45.37%
  • 最大勝ちトレード:+360.57
  • 最大負けトレード:-210.65
  • 平均勝ちトレード:+142.36
  • 平均負けトレード:-83.80
  • 最大連勝:2
  • 最大連敗:2

あまり賞賛すると逆に胡散臭くなってしまいますが、素晴らしいEAだと思います。なんといっても勝率の低さ(笑)。45.37%という現実を知っている方が作るEAという感じがひしひしと伝わってきます。これだけ勝率が低くても(普通だとは思いますが)、ペイオフレシオ(平均勝ち/平均負け)が1.70という高い数値になっています。

ペイオフレシオとは平均勝ちを平均負けで割ったもので、1回あたりの負けに対して1回あたりの勝ちが何倍かを表すものです。ペイオフレシオ値が大きいと「損小利大」になり、反対にペイオフレシオの値が小さいと「逆張り」系のコツコツ勝ってドカンと負けるEAに分類されます。

コツコツ勝ってドカンと負けるというと響きが悪いですが、結果的に利益が残っていれば問題はありません。3歩進んで2歩下がるというイメージです。

「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」のような順張りEAは勝率こそ低いですが、1回の勝ちが1回の負けの1.70倍あるため、結果てきに利益が出ることになります。ちなみに勝率45.37%のとき、損益がトントンになるPRは1.20になります。つまり、1.20以上のPRがあるEAを使えば、勝ち負けを繰り返しながら長期的には資金が増える計算になります。

もちろんこれはそのEAに再現性があればという前提のもとのお話です。

資金管理についても、nekonoteさんが仰るように、$5,000に対して0.1ロット(1万通貨)を推奨します。分かりやすいように円建てで表記してみます。

  • 5万円:0.01ロット(1000通貨)
  • 10万円:0.2ロット(2000通貨)
  • 50万円:0.1ロット(1万通貨)
  • 100万円:0.2ロット(2万通貨)

 

まとめ

GEM-Tradeの無料EA人気ランキング6位の注目EA、nekonoteさんの「カコテン iCCI (type DI) XAUUSD」を検証してきました。「XAU/USD」と聞くと驚いてしまいますが、ほかのEAと同じように運用可能です。

勝っても負けても当たり前、無心でトレードを続けられる方におすすめのEAと言えます。大きな声では言えませんが、これまで見てきたなかでもっとも自分に合っていると思いました。

>>GEM-Trade(ゲムトレード)公式ホームページ


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA