勝てない個人投資家は何が欠けているのか


勝てない個人投資家は何が欠けているのか

11月27-28日、300点超と驚異的な世界最高得点をたたき出して優勝したフィギュアスケートの羽生結弦選手。類まれな才能に加え、「努力し続ける」ことが彼の強さなのだろう。「血のにじむような練習をしてきた」という優勝会見の言葉からも、その練習が想像を絶するものであることがわかる。

実は、「投資」の世界にも努力し続けるトレーダーがいる。それが、今回取材した個人投資家のテスタ氏だ。彼の資産はなんと7億円。最初に投じた資金は約9年間で70倍になった。

勝てない個人投資家は何が欠けているのか

もうホント「すごい」の一言に尽きます。このテスタ氏は1日に数百回ものトレードを繰り返すというのがすごいです(そこじゃないのかもしれないですが)。ちなみに僕は手動では日に1〜週に1回くらいなので、この差なのだと思います

 

相場には「絶対的な必勝法」などない

初心者投資家の多くは、足元の相場で勝てる方法を探し、もし勝ちパターンが見つかると、その方法で未来永劫勝ち続けられると勘違いしてしまう。

その一方、テスタ氏は「同じ相場は二度とないことを前提にしてさまざまなパターンを想定し、一番有効なアプローチができるような判断力を磨く」ことに専念している。相場に絶対的な必勝法がないことを知り尽くしているからだ。

勝てない個人投資家は何が欠けているのか

システムトレードをやっていてなんですが、そう思います。だからこそ、常に考え方も柔軟に変えないとなぁと。人の発言に対して、「前と言っていることが違う」と否定する人もいますが、考え方は変わって当然です。思考停止の方がよっぽど怖いですって。

 

テスタ氏の新しいステージ

その不調をきっかけにして、テスタ氏はトレードスタイルを変えようとしている。超短時間取引を中長期取引に切り替えれば、より資産を有効活用できる。取引する回数も劇的に減り、ストレスや疲労も減ったという。

「その分、一から勉強し直すことも多く、トレードスタイルの変更は、決して簡単なことではない」と言うが、テスタ氏は新しいステージに立つため、今も努力をし続けている。

勝てない個人投資家は何が欠けているのか

記事を読んでいるとかなりストイックな方だと思います。これまでお名前を存じあげなかったのは、株の方だからかもしれません。

僕はテスタ氏の足元にも及ばない資金力ですが、スキャルピングはせずに基本的には自動売買です。週足くらい大きなトレードをするときは手動でやっても労力は変わらないので手で取引します(自動売買も週に一度くらいVPSのメンテナンスしますものね)。

 

この話題に対する反応


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA