キリントレード(移動平均線とチャートパターン)


キリン

これまで拙サイトで何度かご紹介してきた「誰でも分かる買い合図」。本特集は「FX攻略.com」に掲載されているトレード方法のまとめです。これまでに以下の4手法が登場しました。

  1. RCI+ボリンジャーバンド 真のチャンスまで待ち、効率良くトレンドに乗る手法
  2. 平均足+移動平均線 1日1回のチェックでトレンドを大きく獲得できる!
  3. 節目突破+移動平均線 節目のラインをブレイクするかどうか確認するだけ
  4. 虹色FX(7本の移動平均線)「虹」が出たときだけトレンドフォローする簡単手法

「FX攻略.com 2016年6月号」に掲載されているのはのりたまさんの「キリントレード」です。

今回は、豪ドル使いのスーパーママさんこと、主婦トレーダーののりたまさんに「キリントレード」という手法と、その派生パターンを紹介してもらいました。大きな下落を契機とした、スキャルピングのテクニックです。

 

戦略のポイント

 

準備するもの

  • チャート:1分足
  • テクニカル:平均足 移動平均線(21)

 

トレードの手順

【パターンA】

  1. 経済指標などをきっかけに大きく下落するのを見定める
  2. 下落からの戻りが「21」MAで跳ね返り、陰線が形成されたらエントリー
  3. 利確:直近安値
    損切り:陰線の消滅

【パターンB】

  1. 経済指標などをきっかけに大きく下落するのを見定める
  2. 戻りが「21」MAを突き抜けたら、その流れが「21」MAを押し目とするのを待ち、陽線が形成されたらエントリー
  3. 利確:直近高値
    損切り:陽線の消滅

 

狙い目の通貨ペア

  • お勧めは「豪ドル/円」

 

この戦略のメリット

  • 生活の合間に実践できる

 

「豪ドル/円」なら午前中に取引できる

のりたまさんは、豪ドルでのトレードを推奨しています。それは、豪ドルを大きく動かす経済指標の発表が、日本時間の午前中にあるということも関係しています。すなわち、朝の家事が一段落した頃合いに、チャンスを待ち構えることができるわけです。

 

【パターンA】「21」MAでの反転で戻り売り

 

1. 経済指標などをきっかけに大きく下落するのを見定める

オーストラリアや中国の経済指標がある時間を待ち構えます。相場が大きく切り崩したら、底打ちの流れを確認します。

 

2. 下落からの戻りが「21」MAで跳ね返り、陰線が形成されたらエントリー

大きな下落が戻りの展開を見せたら、「21」MAでの攻防に注目。陰線を形成したらエントリーです。

 

3. 利確:直近高値 損切り:陽線の消滅

利確の目標は、直近の安値。損切りは、エントリーした陰線の消滅(打ち消される箇所)とします。

 

【パターンB】「21」MAで突破後の押し目買い

 

1. 経済指標などをきっかけに大きく下落するのを見定める

相場が大きく切り崩しながらも、弱い戻りを見せているときはキリン非形成となる場合が多いといえます。

 

2. 戻りが「21」MAを突き抜けたら、その流れが「21」MAを押し目とするのを待ち、陽線が形成されたらエントリー

「21」MA上での押し目買いがセオリー。陽線を形成したらエントリーします。

 

3. 利確:直近高値 損切り:陽線の消滅

利確は直近高値。応用として、5、10、15pipsと目標を固定するのも有効です。損切りは、エントリーした陽線の消滅(打ち消される場所)とします。

 

「FX攻略.com 2016年6月号」関連記事

  1. 相場の主役の探し方
  2. いま主役の通貨はなに?MT4を使った通貨分析
  3. キリントレード(移動平均線とチャートパターン)
  4. 【私のメンタル管理術】継続はチカラなり
  5. 事実の確認をベースとしたポジティブ&ロジカル思考
  6. プロとアマの最大の違いは取引履歴の見直しにある
  7. 世界の金利で何が起きているのか
  8. レンジ相場の自動売買攻略
  9. 今、ビットコインを買う理由

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA