【ことふく氏】早朝トレードと、男気ハイレバ投資で、30歳社会不適合者でも億超えトレーダーに!


ことふく

「大卒で勤めた会社を3年半で退職、次の就職先も1日で辞め、3日で辞め、1カ月で辞め、どこも続かない。これからどうしようかと思っているときに出会ったのが株でした」

そう振り返るFXトレーダーのことふく氏が投資を始めたのは’06年。まず挑んだのは株トレードだったという。

「バイトで稼いだカネを株につぎ込んでいくが、資金は溶けるばかり。1000万円が半年でゼロになりました―」

そんなときに出合ったのがFXだ。

「出会う」だと思っていましたが、「出合う」と表記されていたため、出典元に則って引用しています。ひとつの記事の中に引用文を使う場合、引用元に従うようにしています。たとえば拙サイトの場合、サイト名から察するように「音引きをしない」という決まりがあるのですが、引用文に関してはこの限りではありません。

人の場合は「出会う」、物の場合は「出合う」、ペッパーに「出会う」!?

さて、先日見てきた「YenSPA!」の話題から「【FX&株で1億円】ミリオネア投資家の㊙戦略をムリヤリ公開させた!」に登場したFXトレーダのひとりことふく氏の記事を見ています。

>>「YenSPA! ’16年1/12号」今回も儲け話が半端ではありません。

 

ことふく氏の山と谷

記事を読んでいて思うのは、山以上に谷がすごいということです。どれだけ派手な生活をしているかでFXドリームを見せる人も少なくないですが、どちらかというとFXの大変さが身にしみる内容でした。

  • 400倍のハイレバ→3万円が600万円になってまたゼロに…
  • 指標トレード→聖杯が通用しなくなる…

この後も資産を大きく伸ばしたものの、1週間に2度の大きなロスカットを経験して、2015年7月にはスキャル引退を宣言したとあります。

 

スキャルから長めのトレードに移行

「5000円を元手にレバ300倍でユーロ/円の10銭抜きを繰り返して1カ月。倍々ゲームで気づけば資産500万円になりました」

「それからは徐々に早朝スキャルに移行して、一昨年だけで約1億2000万円、去年も4800万円ほどの利益になりました」

「家族ができた今、また資産をゼロにするわけにはいかない。落ち着こうと思って、今はスキャルよりも長めのトレードを模索しています」

スキャルピングは資金効率が高く、記事にもあるように倍々ゲームで増える反面、精神的なストレスも多いのかもしれません。ちなみに僕も短期トレードから比較的長いトレードに移った人のひとりです(超スキャルというほどではありませんでしたが)。

 

億超えを果たした日本時間限定取引

スキャルピング時代のことふく氏は日本時間専門。ニューヨーク市場の高値・安値で反発する場面を狙った3銭抜きの逆張り取引を大きな数量で繰り返していた

いわゆる「早朝スキャル」と呼ばれるものです。ニューヨーク時間の安値に達したら「買い」、高値に達したら「売り」を繰り返して取引します(詳細は不明)。

資金ができたらババっと売り抜けるというのも大切なのかもしれません。もし、少額資金を効率良く増やしたいという方は、凌ぎを削って(これは大事)早朝スキャルをしてみるのも面白そうです。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA