「Larry劇場 7話」で2015年を振り返る


Larry劇場 7話

人様の記事で振り返るというとんでもない大晦日です。

いやぁ、いよいよやって参りました。大晦日じゃなくて「Larry劇場」です。「6話」が執筆されたのが7月ということは、約5カ月ぶりの新作になります。

7話の中では2015年のシステムトレードを振り返っています。Larryさんは市販EAにも強いので、今どんなEAが売れているのかなとか、そういえばあのEAはどうなったのかなという情報収集にぴったりです。

ちょっと気になったので見てみましょう。

 

シロクマV3君も不調だったみたいな2015年

社員:2014年まで勢いがあった社員(EA)がことごとく撃沈してしまいました。それまで、飛ぶ鳥を落とす勢いだった IMT氏にBandCross氏。そしてHippo君の不調・・・ そして極め付けは今月シロクマV3君が大撃沈してしまった事です。まさに今年の相場を象徴しているかのような悲しい出来事だったと思います。

Larry社長:な・なんと!!(゚ロ゚;)シロクマV3君といえば、あの有名なラッコ動物園のスター選手だぞ。あまりの人気のため採用している会社は1000近いと聞くが・・・

Larry劇場 7話

「シロクマV3君」と表記されているのは、fx-onで販売されている、おそらく今もっとも支持されているであろうEAのひとつ「Forex White Bear V3」のことです。

Forex White Bear V3

※画像をクリックするとfx-onのページに遷移します。

2013年8月以降に購入した人は軒並み損失を抱えたことになります。実際は「おっ調子がいいぞ」からのロット上げもあるでしょうし、さらにはEA購入代金という見えない経費もあるので、現実はさらにシビアなのでしょう。

誤解のないように書いておきますが、開発者さんがどうこうということではありません。人気のEAでもこうなることがあるということです。

最終的にはこれに尽きます。

掲載されている情報は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。

 

2016年はどうなる!?

Larry社長:ところでこんな厳しい相場でも結果をだした奴(EA)はいるのか??

社員:はい。まず全体的に見て、朝しか仕事をしない怠け者たち(朝スキャ)が好調でした。スイング系でいうとStorm Trader氏 そしてオフィサム軍団ではSK10EURUSD氏が素晴らしい働きをしてくれました。SKシリーズでは最強ではないでしょうか、、、他では、最近入社して間もないBeatrice氏やカテコン氏がすこぶる好調です。それとレンジ相場を得意とするShadowHook氏も良い働きをしてくれました。

Larry劇場 7話

詳細は元記事をご覧いただくとして、調子が良いEAもいくつかあげられています。もちろん先ほどのように油断は禁物ですが、撤退ラインを決めて運用するのは十分ありだと思います(どのEAにも共通します)。

実は、僕も「カコテン」のnekonoteさんは注目している開発者さんだったりします。

2016年は、人様のEAを使ってみたいと思うこの頃です。

それでは除夜の鐘が聞こえる前ににお暇をいただきます。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA