【第29回】成行注文と逆指値だけでもトレードはできる


黒板相場の大局を読んでIFDOCO、トレーリングストップを使って半分利益を確定、利益が乗ってきた場合はピラミッディング、もし下がったら一度ナンピンをして…。

煩わしい限りでございます。

さすがに極端な例ではありますが、様々な場所でトレーダ様の要望を見ている限り、複雑な注文方法を望む人はとても多いようです。そして複雑な注文方法や手法を使うほど利益になると考える人は多くいらっしゃいます。

しかし、相場は上がるか下がるかふたつにひとつ、手練のドラマがワンタムになるように(分かりにくい)、ものごとを突き詰めると注文方法もシンプルで十分だと思いますもちろん複雑なフィルインを好む方もいらっしゃいます(そっちか)。

ここでは手法よろしく注文方法もシンプルにして参りましょう。

 

成行と逆指値だけで取引する

FXには証券会社によって用意された多くの注文方法があります。225など先物や株もFXの注文方法を取り入れるなど逆輸入現象も起きているほどです。

しかし、そのすべてを使う必要はないと思います。

基本的には「成行注文」、そして「逆指値」があれば十分です。ひょっとしたらスキャルピングや短期のデイトレード(このあたりの定義は置いておきます)に限っては「成行注文」のみの方もいらっしゃるかもしれません。

エントリすべきところで成行(もしくは逆指値でエントリ)で入り、損切りの逆指値注文を入れておく。決済のタイミングで注文を出せば十分だと思います。

 

指値を使った手法は意外と難しい

と言ってもトレードで生計を立てている、もしくは自宅警備員(ホームガーディアン)でもない限り、チャートに向き合っているのは難しいことです。トレードで生計を立てたいのにチャートを見るのはトレードで生計を立てられるようになってからというのはジレンマですよね。

余談ですが、何かをはじめるときいちばん大変なのは最初というのがあるようです。

(前略)考えてみてください。飛行機が離陸するときエンジンが凄い音を出しますよね。だいぶ力が入っていると思います。ところが、しばらくたって高度が安定してシートベルト着用サインが消えたらエンジンはおとなしくなります。

東大法→フリーター1億超借金→億万長者が語る「理詰めで富裕層になる方法」

他方、本田宗一郎さんの言葉にはこのようなものがあります。

「人生も飛行機と同じで飛び立つときには抵抗がある」

人間に必要なのは困ることだ。絶体絶命に追い込まれたときに出る力が本当の力です。百のうち九十九は失敗。伸びる時には必ず抵抗がある。飛行機は飛び立つときより着地が難しい。人生も同じだよ。必死のときに発揮される力というものは人間の可能性を予想外に拡大するものである。

FXで生計を立てたいけれど、最初は時間を作れない、時間を作れないから成長できないという負のループはよく耳にするお話のひとつです。

とは言え、時間がないというのはそもそも…。

さて、そのような場合(チャートを見る時間がない場合)は、一定の時間で決済するというルールを作るのもおすすめです。

逆から考えると、一定の時間で決済するという手法を考えることになります。僕自身も手動でいくつかやっていますが(手動と言っても完全なシストレです)、なにせチャートを見ることがほとんどないので体が自由になる(ほかにこうして仕事?ができる)というのが最大の利点と言えます。

決済と損切りの注文を入れておく。たとえば1万通貨を100pipsで利益確定(指値)と損切り(逆指値)を入れて放置という方法も考えられますが、利益を確定するという手法は、多くのトレーダが想像しているよりシステムの確率が高く影響します。具体的には一回の勝ち負けを固定している分、あいまいなシステムでは通用しない(勝率がすべてになる)という点が出てきます。

簡単に済ませようと思っていたのに、よりシステムに精通していないといけないというこれもまたジレンマのひとつなのかもしれません。皮肉なことかもしれませんが、やはり損小利大がいちばん簡単(語弊はありますが)な手法だと思います。

もちろん指値決済がいけないのではなく、きちんと検証してシステムを作れる人は指値を使った有効な手法も作れるのはこの限りではありません。

 

成行だけで取引している例

225なのに夢のよう

たとえば上の画像は225先物miniを実際に取引した成績です。資金管理は使っていない単に1枚だけを使った成績になります。一定の時間、この場合は9時に成行でエントリして15時15分に決済するだけです。いわゆる「寄り引けトレード」(寄付きでエントリして大引けで決済)と呼ばれるものですが、十分に利益を出せることが分かります。

これは注文を出してあとは完全放置なので一日の所要時間は5分とかかりません。チャートと向き合うことでしか利益は出ないというのは大きな間違いだと思います。また、余談になりますが、トレーダはいくつものディスプレイがないといけないというのも先入観のひとつかと思います(1枚派です)。

 

まとめ

【第29回】成行注文と逆指値だけでもトレードはできる、いかがでしたでしょうか。

もし今まで複雑な注文方法を使っていたら簡単な方法でトレードするのを心がけるのも良いかもしれません。

FXで資金を作るというのは時間がかかることですが、優位性のある手法を続けていれば、定期的に訪れる相場の上げ下げに伴って利益を得られるようになります。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA