少額資金で月に10万円稼ぐ手法


ギターケース

今回は「FX攻略.com 2016年1月号」で特集されている「少額資金で月に10万円稼ぐ手法」を見ていきたいと思います。

雑誌からFXの情報を得る場合、前述の「FX攻略.com」、もしくは「ダイヤモンド・ザイ」「ネットマネー」「日経マネー」あたりを選ぶと思います。株の情報も多いことから、純粋にFXの情報だけ欲しいときって困ったりしますよね。

かといって「FX攻略.com」は、正直なことを申し上げるとけっこうどぎつい内容が平気で書かれていたりするので(色々問題になった商材屋さんもいらっしゃいますし)、すべてを真に受けるのは難しいです。

ということで、特集記事や面白そうな記事、ご意見を伺いたい記事をまとめてみようと思った次第です。

引用に使う方々と僕は直接の知り合いではなく、特別師事している間柄でもありません(僕が一方的に知っているだけです)。何かあっても責任は取れませんのであらかじめご了承下さい(というお約束を書いておきます)。

 

月10万円以上の利益も可能

1カ月で10万円をFXで稼ぐためには、投資ではなく、投機を選択する必要があります。

投機には、「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」の3つのスタイルが存在します。

より精緻な参戦ポイントを求められるスキャルピングほど利益を上げている人は、衝撃的に数が少ないという現実があります。

含み損をほとんど許容しないスタイルだからです。

あおのり先生

という感じで2ページに渡って解説が続くところの要所を切り貼りしました。記事の中ではレンジ売買について書かれています(再現するのはちょっと難しいかも!?)。

最後は、”投機的スタイルではマーケットの変化さえ読んでいれば、月10万円以上の利益を出すこともできます”と締められています。

資金効率を考えてスキャルピングに入る人は多いですが、書いてあるようにこれを継続するのは難しいという点は同じです。先日のテスタ氏も中長期トレードに以降したとか。

>>勝てない個人投資家は何が欠けているのか

 

月10万円を稼ぐ

専業トレーダーであれば、相場の難易度に関わらずトレードをすることになりますが、兼業トレーダーは簡単な相場になるまで「待つ」ことができますので、チャンスがきたときにだけ勝負をすることを心がけましょう。

「稼がなくても良い」ということも、兼業トレーダーならではの強みです。仮に、月10万円稼ぐという目標があっても、収入が別にちゃんとあるので、必ず達成すべきノルマのようなものではありません。

ゆきママ

サイトを見た限り、FXというよりアフィリエイトサイトという印象ですが(3カラムにびっしりバナー)、月に10万円を稼ぐというより、稼がなくてもいいじゃんという意見です。

是非はともかく、FXで最低◯円を稼ぐという目標を作らないというのは僕も同じ意見を持っています。特にシステムトレードの場合、トレードはチャートを見ていようが見ていなかろうが結果は同じです。それならほかに仕事をすべきと考えています。

仕事とはどこかに働きにいくという意味ではなく、今の時代ならホームページを作ったり、特技を生かしてお掃除さんしたり(Airbnbで需要が高くなっていますね)、たくさんあると思います。

 

FXが勝てるようになる

誰が見ても同じ客観的事実を並べていくと、自分が何を基準にして簡単だと思ったのか、できないと思ったのかという、自分の知覚が分かってきます。

FXで1カ月に10万円を稼ぐのは、セーフティ・オーダー(損切り)さえしっかり入れられるなら、どの手法でも簡単に達成できる目標です。

Mayuhime

「損切りを入れれば簡単に達成できる」というのはすごいです。そういえば、そもそもになってしまいますが、この特集って「少額資金で〜」ってありますが、「少額」が定義されていないんですよね。

先日話題になった「チューブ生姜適量ではなくて1cmがいい人の理系の料理」のように、数字に向き合う世界ならこういうのって大切なのかもしれないと今さらながら思いましたよという補足を付け加えておきます。

 

スイングか長期トレード

FXで月額10万円の収益を生む方法はいくつもありますが、主に、資金の違いや取引スタイルによってアプローチ方法は違ってきます。

このコラムを初心者の方が読んでいるという前提で考えると、100万円の資金なら1万通貨から2万通貨ぐらいで取引するのが適切なサイズではないかと思います。

そう考えると、月額10万円の目標には、月間トータルで500〜1000pipsのリターンが必要なので、これをどう取るか、ということを考えなくてはなりません。

田向宏行

おそらくこの特集でもっとも現実的かつ、数値で表している方です。システムトレードをやる人にもこの記事(P44)はおすすめします。

たとえば、記事の中では4時間足を使ったトレード方法が解説されています。4時間足だとエントリー回数は週に1回くらいになること、そのため複数の通貨ペアをみると収益チャンスを広げられることが書かれています。さらに、通貨ペアの選択方法についても言及しています。

 

市場のテーマになっている通貨ペアで勝負

10万通貨でのポジションならば、口座資金100万円程度です。短期のデイトレードなら無難なレバレッジではないでしょうか。

勝ちトレーダーに多く共通していることは、その必要としている収益に対して、どの程度リスクを許容して、マイナストレードとプラストレードを足し合わせて、どれぐらいの収益を残そうとしているか、です。

ひろぴー

利益から損失を引いた金額が10万円になるようにすること。市場のテーマになっている通貨ペアを選ぶこと。要約すると以上の2点が必要とあります。

 

まとめ

FX攻略.com 2016年1月号」で特集されていた「少額資金で月に10万円稼ぐ手法」を見てきました。ブロガーさん、アフィリエイターさんごとに色々な意見がありました。

最後に、僕はどんなに成績がよくても月5%程度なので(それでもリスク50%の場合です)、10万円を稼ぐとなると資金は200万円必要になります。月5%って年間60%になります(大体もっと少ないですが)。

ただ、ケタが上がれば格段に稼ぎやすくなるのが金融商品の特徴です。あとでご褒美がもらえると思い、FXの資金を作ることに専念するのも大切だと思います。

※Amazonのレビューが辛辣で…

 

FX攻略.com 2016年1月号の関連記事

  1. デューカスコピー・ジャパンの戦略と抱負 – MT4ではなくJForexに期待
  2. 少額資金で月に10万円稼ぐ手法
  3. ニコラス・グールド「初心者が陥りやすい過ちを克服する方法」
  4. MT4の「Ku-chart」を使った通貨ペアの選択
  5. 【負けないFX】自分だけのルール構築法
  6. 利益を上げるためのテクニカル分析方法
  7. EAによる自動売買の優位性

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA