MT4は使わないという選択「デューカスコピー・ジャパン」


デューカスコピージャパン

以前からFXをやっていた方にとってはアルパリ・ジャパンの株式を取得したことで記憶に新しいデューカスコピー・ジャパン。最近FXを始めたばかりという方には「何それ?」となる方もいらっしゃるかもしれません。

最近FXを始めたという方が拙サイトに流れ着くという可能性は高くはありませんが、確認のため足並みを揃えておくと、2015年1月のスイスフランショックに伴いアルパリUKが破綻→アルパリ・ジャパンが路頭に迷う→デューカスコピーが拾うという流れでした。

アルパリ・ジャパンといえば、国内FX会社の中では良質なMT4(MetaTrader4)のサービスを提供する会社として知られていたため、多くのシステムトレーダが愛用していました(あとはフォレックス・ドットコムあたりでしょうか)。

そんなアルパリ・ジャパンの遺伝子が残っているため、当初からデューカスコピー・ジャパンではMT4が使えるのかということに注目されていたのですが、蓋を開けてみるとどうやらMT4は使えないことが分かりました(ライセンス料もすごそうですし)。

ただし、MQLコンバータを使うことで、デューカスコピー・ジャパンの取引プラットフォーム「JForex」でもEA(MT4で使う自動売買ソフト)が使えるようになるという記述があります。

 

Visual JForex

以下は、MT4のほかJForexも採用しているFXDDの動画です。動画の中ではVisual JForexを使った自動売買システムの作り方が説明されています。

もちろん自動売買ソフトを作るために使わなくても、ごく普通に取引プラットフォームとして使うこともできます。割合で言えば普通に裁量トレードをする方の方が多いと思いますし。

これまで「自動売買といえばMT4」というイメージがあったシステムトレードですが、デューカスコピーが日本国内のサービスを本格的に開始したことによって、市場が変わるのかもしれないと個人的には楽しみにしています。

fx-onでは早くもデューカスコピー・ジャパンの将来性に目を付け、キャンペーンを実施しているようです(このフットワークの軽さというのが大切なのだと改めて思わされます)。

僕自身、システムトレードはMT4に依存せず、手動でも売買しています(取引手数料を考えると手動の方が安いのです)。今後、MT4のほかのプラットフォームも考えているので、興味があるJForexでした。


デューカスコピー・ジャパン タイアップキャンペーン 「JForexインジケーター」4点セット


デューカスコピー・ジャパン タイアップキャンペーン 「JForexインジケーター」4点セット

 

デューカスコピー・ジャパン関連記事


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA