なぜ、あなたはマイ・ルールを守れないのか?


ハンマー

よく皆さんはFXを学んでいるときに、『取引ルールは必ず守りましょう!』とアドバイスをする記事等を見たことがあると思います。

おそらく皆さんも最初は、『ヨシ! 自分で決めたことは守るぞ!』なんて意気込んで頑張ったのではないでしょうか?

ところがどうでしょう? 自分で決めたルールにも関わらず、なぜかどこかに忘却して……。

そんなことを繰り返しては自己嫌悪に陥って、『なんて自分はメンタルが弱いんだ!』と悩んだこともあったのではないでしょうか?

そしてどんな書籍や経験者のセリフにも【相場で退場しないためには自分の取引ルールを守ること】と繰り返し登場しています。

「FX攻略.com 2016年2月号」の「なぜ、あなたはマイ・ルールが守れないのか?」より引用しました。

コラムを執筆されたのはいいだっち先生さんです。

いいだっち先生

もうスゴいんです。「ザ・FXドリーム」を体現されたかのような車です。ビッグサンダー食べて喜んでいる場合ではありません(すみません)。

 

取引ルールを守れない理由とは?

アナタが『取引ルール』を守れない理由……。

それは取引ルールをつくる以前の問題なのです!

つまり、取引手法が明確ではないアナタは、取引が曖昧なのにルールも何もないのです!

ごもっともな意見です。

 

曖昧な自分の手法から脱却するためには?

  1. まずは、『自分の予想』を捨てることです。
  2. そして、取引に『パターン』を取り入れることです。

『自分の予想』を捨てる、これってかなり大切なことです。年末年始になると世に出てくる来年の予想、役に立ったことありますか? あの類の記事は万人ウケするため需要もあり(記事としても売れるので)書かれますが、実際にアレらを参考にすることってあるのでしょうか。

『パターン』というのは記事の中の言葉を使うと『バタフライ』『ガートレー225』『エリオット波動』などが当てはまります。

ちなみにいいだっち先生はご自身の『どんぴしゃパターン』『ヒゲ出しパターン』が必殺パターンとあります。

僕はチャートの形云々を使うことはありませんが(色々な型があって良いのです)、ローソク足のパターンなどはよく使います。

 

24時間パソコンの前に貼りつくなんてナンセンス

後半部分の記述はとても興味深いです。

しかも、『終値』ベースのパターンなので、24時間パソコンの前で張りついてチャンスを待ち続ける必要がなくなります。

いまどき24時間パソコンの前に張りつくなんてナンセンスだし、時代遅れです。そんな生活5年ともちませんよ。

どうでしょうか。「資金効率」という言葉の陰で「スプレッドコスト」に振り回されている人も多くいます。本で見かけたあの人たちは今は相場に残っているでしょうか? 長く相場を続けるというのは、無理のかかった生活を続けるのとは違います。

自動売買を取り入れるか、ゆったり手動で取引するか、そのくらいでないと難しいと思います。難しいからこそ仕事として割り切れるのかもしれませんが(最後のどんでん返し)。

 

FX攻略.com 2016年2月号の関連記事

  1. 1ドル135円へ!2016年の為替相場を読み解く
  2. 1カ月1万通貨の取引
  3. 相場は生きている 私がトレードで大切にしているもの
  4. ビジネスとしてのFX〜トレーダーとして成功するために〜
  5. なぜ、あなたはマイ・ルールを守れないのか?
  6. ニコラス・グールド「トレーディングに必要なスキルを磨く練習が大事」
  7. アメリカの利上げ後の戦略
  8. EAの「トレードロジック」は「シンプル」なほうがよい

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA