ポンドを使ったトレード手法「£になるまで待って」


「$は壊れたね」「€は遊んでくれたよ」に続き発表する手法は「£になるまで待って」。

「暴れ馬」の名の如く、値動きの荒いポンド円ですが、上手く乗りこなせば利益が期待できそうです。普段はコツコツと負けを続けていますが、ときにくる波ではドカンと利益を穫れるのがポンドのうまみと言えるのかもしれません。

それではさっそく見ていきたいと思います。

 

「£になるまで待って」

「£になるまで待って」はこれまでと同様、複雑なテクニカルは一切使わずに作られた手法です。シンプルな手法は信ぴょう性にかけると思われがちですが、「FXはシンプルな手法でも利益が出せる」にもあるようにシンプルな手法ほど再現性の高いものはありません。

「€は遊んでくれたよ」で使用する通貨ペアはポンド円・ポンドドル。

使用するチャートは日足と週足です。

続いて、それぞれの成績を見ていきます。

 

£になるまで待って【GBP/JPY・日足】

ポンド円の日足

  • 検証期間:2001年〜2014年10月
  • 損益:+5,261pips
  • 勝率:44%
  • 平均勝ち:83.4pips
  • 平均負け:57.0pips
  • PF:1.17
  • PR(損益率):1.46

この勝率では収益がトントンになるPR(ペイオフレシオ)が1.26のため、若干厳しい気もしますが(今年は現時点でマイナスです)、期待値は十分あると言えるでしょう。

 

£になるまで待って【GBP/JPY・週足】

ポンド円の週足

  • 検証期間:2001年〜2014年10月
  • 損益:+7,453pips
  • 勝率:52%
  • 平均勝ち:181.4pips
  • 平均負け:121.4pips
  • PF:1.63
  • PR(損益率):1.49

週足は文句のない成績となっています。典型的な損小利大のトレードが期待できる手法です。

 

£になるまで待って【GBP/USD・日足】

ポンドドルの日足

  • 検証期間:2001年〜2014年10月
  • 損益:+6,577pips
  • 勝率:51%
  • 平均勝ち:55.7pips
  • 平均負け:45.1pips
  • PF:1.29
  • PR(損益率):1.23

続いては、ポンドドルの成績です。日本人の間ではそれほど多くトレードされることのない通貨ペアですが、世界の取引量で見ると、ユーロドル、ドル円に続く第3位の取引量を誇る通貨ペアとなります。

直近ではポンド円の損失を補ってくれているポンドドルです。

 

£になるまで待って【GBP/USD・週足】

ポンドドルの週足

  • 検証期間:2001年〜2014年10月
  • 損益:+5,436pips
  • 勝率:50%
  • 平均勝ち:260.4pips
  • 平均負け:205.3pips
  • PF:1.24
  • PR(損益率):1.27

ポンド円と同じロジックではうまく機能せず、多少フィルターをかけています。1000pipsほどのドローダウンが途中にありますが、そのあとは回復中です。

単体では動かさず、ほかの手法と一緒に使うことでドローダウンを最小限にしています。

 

「£になるまで待って」まとめ

「£になるまで待って」、いかがでしたでしょうか。ここでもう一度、成績をまとめたいと思います。

日足 週足
GBP/JPY +5,261 +7,453 +12,714
GBP/USD +6,577 +5,436 +12,013
+11,838 +12,889 +24,727

ひとつの手法、ひとつの通貨ペアでトレードするよりも、分散させて運用した方が精神的にも楽というのが現時点での考えです。

10月は闇雲にエントリするとロスカットの嵐になってしまいそうな相場が続いています。適度なフィルタをかけて相場に臨んでいきたいと思います。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA