ニコラス・グールド「初心者が陥りやすい過ちを克服する方法」


PRO TRADER JAPAN

含み益のあるポジションを長くもち、含み損のあるポジションを素早く切ることについて、どのように学ぶことができるでしょうか。

この記事では、予想が当たったときには多くのお金を手にすることができ、予想が外れたときには少しのお金の損で済むかもしれないといった、初心者トレーダーが陥りがちである大きな過ちを克服する方法を紹介いたします。

今回は「FX攻略.com 2016年1月号」に掲載されていたニコラス・グールド氏のコラムを見ていきます。

最初のうちに逸れておきますが、ニコラス・グールド氏って経歴すごいですよね。名前もカッコいいですし(ピアノ好きな方ならグレン・グールドの名前を思い出すと思います)。

経歴を見てみると、

1997年〜2007年、豪投資銀行のマッコリー・バンク・シドニーとロンドンにて主に金、銀、銅、FXのディーリングに従事。

2007年〜2008年、リーマン・ブラザーズにて非鉄金属(ベースメタル)のディーリングに従事。

2008年にリーマン・ブラザーズ退社後、日本にきてプロトレーダーとしてコモディティとFX取引に従事。

2013年7月よりオーストラリアのリーディングプロップハウスのメンバーになる。

今、日本のプロトレーダーを育成するため、ライブトレードセミナーとマンツーマン指導に力を入れて実施している。

すごいです。そんなニックの指導を見ていきましょう。

 

利益と損失の確率を見る

トレーディングそのものを可視化するうえで重要なことは、トレーディングで100%の利益を期待することよりも、利益と損失についての確率を見ることです。

トレーダーは、50%の勝率であっても、正しいマネーマネジメントにより大きな利益を上げることができるのです。

本当にそう思います。商材サイトを見ていても、担当の方に話を聞いても「ウケがいいのは80%以上勝率があるもの」だそうですが、利益と損失の確率(この場合「レート」、「割合」という言葉が分かりやすいと思います)の方が大切です。

 

システムの勝率と潜在的な連勝連敗回数で理解する

長期的な結果をみることは大変重要です。1回の取引、1週間、1カ月のトレーディングの結果はかなりランダムです。

60%の勝率でさえ6%の確率で3回連続の負けが起こりうるのです。

EAを使っている人が失敗する原因のひとつに、EAのON/OFFを繰り返してしまうことがあげられるようです。目先の損益に振り回されてしまうと、せっかくEAもそのポテンシャルを生かすことができず、損失が出て止める、止めてから利益が出る、調子が良さそうだから動かす、動かすと損失が出て止めるを繰り返してしまいます。

ここはひとつEAを動かしたら何も見ないくらいの心意気が大切です僕はレートも見ません(それはそれで問題だ…)。

 

分析を簡素化せよ

多くの初心者トレーダーは、非常に複雑にマーケットを分析し、いつエントリーを行うか、手仕舞いはいつにするべきかといった新しい方法を常に探しています。

多くの指標を使ったり、定期的にトレーディング方法を変更したりする問題点は、結局のところ、いつエントリーを行うべきか、手仕舞いはいつにするべきかといったことが複雑になってしまうことです。

かのスティーブ・ジョブズのように(タートルネックにデニムを穿くのではなく)、

Simple can be harder than complex. You have to work hard to get your thinking clean to make it simple. But it’s worth it in the end because once you get there, you can move mountains.

シンプルであることは、複雑であることよりもむずかしいときがある。物事をシンプルにするためには、懸命に努力して思考を明瞭にしなければならないからだ。だが、それだけの価値はある。なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、山をも動かせるからだ。

―スティーブ・ジョブズ

です。MacBookAir片手にスタバでカタカタではありませんが、シンプルでいるというのは大切なのだと思います。

少なくともFXをやるというとき、日経新聞はあまり役に立つとは思えません。日経新聞は経済を知る上では読むに越したことはありませんが、こと相場をするというきはまた話が別であるということです(居酒屋で繰り広げるような完全なる持論です)。

 

まとめ

ニコラス・グールド氏の「初心者が陥りやすい過ちを克服する方法」を参考に記事を書いてきました。

本誌ではほかにも「完璧なトレーディングはない」「トレーディングの記録を残すこと」「練習せよ」などについても言及があります。

シンプルな方法で目の前の損益に因われない、これぞトレードの王道なのだと思いました。

 

FX攻略.com 2016年1月号の関連記事

  1. デューカスコピー・ジャパンの戦略と抱負 – MT4ではなくJForexに期待
  2. 少額資金で月に10万円稼ぐ手法
  3. ニコラス・グールド「初心者が陥りやすい過ちを克服する方法」
  4. MT4の「Ku-chart」を使った通貨ペアの選択
  5. 【負けないFX】自分だけのルール構築法
  6. 利益を上げるためのテクニカル分析方法
  7. EAによる自動売買の優位性

The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA