2016年5月のFX成績 – 反骨心をもう一度


2016年5月の成績

デビュー当時はパンクやロックをやって反骨精神が溢れていたのに、ベテランになるにつれて丸みを帯びるアーティストは少なくありません。それが悪いことなのかは別として、色合いが変わるのは事実です。

僕が好きなブランドのひとつであるVivinne Westwoodもセックス・ピストルズが使うパンクの代名詞だったのですが、特に日本においてはいつの間にかセレブリティなものになっていたりします(自分がそうと言っているわけではない)。

FXといえば超短期売買のスキャルピングをしているのが熱いと思うものの、歴が長くなるにつれてデイトレード、スイングトレードとどんどんゆったりトレードになっている自覚があります(トルコリラや南アランドの手法開発にお熱)。チャートにへばりついていたあの頃の自分はどこに行ってしまったのでしょう。

それでは、5月の成績を見ていきたいと思います。

 

2016年5月の成績

2016年5月の成績

  • FX:+6,364pips
  • 225先物mini:+560円

5月で資金管理が大きく作用して昨年末から続いていたドローダウンを一気に取り戻しました。直近の勝率、勝ちパターン、負けパターンなどを参考にして、取引枚数にメリハリを付けることが大切です。

また、負けが続いているときも次の勝ちをひたすら待つということも大切です。マグロ漁は半年ほど収入が途絶えるんでしたっけ。もちろん負け時期をバラバラにするために、複数の手法を使うのをおすすめしています。

上記の手法は週足を使ったトレードです。このほかにも日足を使ったり、日中足を使ったり、順張り、逆張り、通貨ペアごとに分けると、目の前の勝ち負けなんてどうでも良くなってきます。というと語弊がありますが、トレードの恐怖心をなくすのはとても大切なことです。

225先物miniは+560円でした。1枚あたりの利益は+56,000円です。比較的落ち着いています。先月が+4,950円で波を超えました。このようにFXと225など銘柄を分けるというのもおすすめです。

 

まとめ

2016年5月のFX成績を見てきました。最近「資金管理」を使い始めたという方から「システムトレードの奥深さが分かって検証が楽しくなってきた」といった内容のメールをいただきました。テクニカルに依存することなく、シンプルな手法をただただ続けることだけが、長期的に証拠金を増やす方法なのかもしれません。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA