2016年7月のFX成績 – 釣れてもよし、釣れでもよし


2016年7月の成績

夏枯れ相場はトレードすべきか休むべきか。これは経済指標発表時のトレードと同じくらい交わされるもののひとつです。個人的には特に変わらずトレードを続ける派なのですが、あまり大声で言えることではありません。

実際どうなのでしょう。たしかに夏枯れ相場でトレードしていると負けることが多いですが、同じくらい勝つことも多いという印象があります。

それでは、2016年7月の成績を見ていきたいと思います。

 

2016年7月の成績

2016年7月の成績

  • FX:+1201pips
  • 225先物mini:+775円

FXの週足では勝ったり負けたりをしながら順調に推移しています。ただ繰り返すだけというのが正直なところで、直近で勝ったからとか負けたからどうというのはありません。僕もFXをはじめた当初は同じように一喜一憂していましたが、個人的な感覚だとそのあたりがなくなってからは気持ちが楽になりました(楽しさもありませんが)。

225先物miniは+775円です。1枚あたりの損益に換算すると+77,500円になります。225はFXだけやっている方からすると縁遠く感じるかもしれませんが、仕組みはほとんど同じです。通貨ペアを分散するように、FXからも分散させることでリスクが大幅に分散できるようになります。

 

まとめ

2016年7月のFX成績を見てきました。拙サイトに公開している成績では、FXも225もともにプラスの成績となりました。はたして8月はどうなるのでしょう。動いてもよし、動かなくてもよし、釣れてもよし、釣れんでもよし、システムトレードとはそのようなものなのだと思います。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA