お金持ちの習慣をマネしても決してお金持ちにはなれない理由


お金持ちの習慣をマネしても決してお金持ちにはなれない理由

あなたは、世界的な投資家であるウォーレン・バフェット氏が毎日実践していることや、実業家のイーロン・マスク氏が朝必ず食べているもの、あるいは、お金持ちが持っていて貧乏人が持っていない「ある特質」に関する記事を読んだことがあるかもしれません。こうした内容はたしかに興味深いものばかりです。とはいえ、いくら成功者の習慣を学んだからといって、あなたが成功者になれるわけではありません。むしろ成功から遠ざかってしまう危険さえあります。

お金持ちの習慣をマネしても決してお金持ちにはなれない理由

ライフハッカーにあった記事です。ときに「お金持ちのマネをするのがよい」と聞けば、今回の記事のように」「マネをしてもお金持ちになれない」という主張もあります。どちらがどうではなく、両者の意見に興味があるのです。

 

因果関係、相関関係の問題

お金持ちの習慣をマネすればお金持ちになれるかのように言うのは間違いであり、無益なことです。ある習慣を持っていることと、お金持ちになることの間には、何の因果関係もありません。それどころか、相関関係すらない場合もあります。知り合いの誕生日に電話をかけるのを習慣にしている貧乏な人もたくさんいるのです。

 

紹介される習慣のほとんどは無作為で、単純化され過ぎている

彼らが富を築くことができたのは、紹介されている習慣以外の、ハードワークや努力、行動があったからにちがいありません。早起きして、テレビを観る時間を減らし、日誌をつけるだけでお金持ちになれる、とは考えないことです。

僕はこの記事に対して概ね同意見です。ただし、ウォーレン・バフェットさんのようにコークとハンバーガーが好きなのは一緒なのです(やったぜ!/男言葉)

 

この記事に対する反応


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA