「貯金がいつまでも増えない人」の残念な思考


「貯金がいつまでも増えない人」の残念な思考

貯金ゼロ――。金融広報中央委員会が11月5日に発表した調査結果によれば、金融資産がゼロという世帯が全体の30.9%を占めることが明らかになった。しかもそれはこの10年で増加傾向にあり、昨年から比べても0.5ポイント増加した。つまり日本は全体の約3割に当たる世帯が、いざという時にまとまったおカネがない状態だ。独身ならばともかく、子供や年老いた親などを養っている家庭ならば、家計は綱渡りを強いられている状態にある。

「貯金がいつまでも増えない人」の残念な思考

東洋経済オンラインにあった記事です。見出しにも書かれているように、「3割の世帯が貯金ゼロ」ということが分かりました。また、高収入で貯められないという人も…。

今後は定年退職ということも少なくなると思いますし、今すぐに焦る必要もないと思いますが、恒常的に浪費癖があるという方は、少しだけこの先のことを考えた方が良いのかもしれません。

 

資産がある人は平均1819万円持っている

金融資産保有額別世帯数

かつ、「金融資産を保有している世帯の平均額は1819万円」であることも分かっています。FXをやっている方ならご存知、お金を持っている人は持っている、持っていない人は持っていないという例のアレですよと。

今度は「金融資産保有額別世帯数」というグラフを見てみます。コピペできないようになっていたので、一応スクリーンショットですよと分かるように周りの余白も残してあります。

※クリックすると元記事にリンクします。

1000万円あたりで切ればこんな結果になって当然な気も…。

 

年収が高くても「貯まらない人」は貯まらない

噂の「年収が高くても貯金できない人」という内容に触れてきました。

記事の中では思い込みとして3点があげられています。

  1. 100万円単位で増えないと意味がない
  2. 月1万円の貯蓄は意味がない
  3. おカネを使えばストレスが解消できる

周りにいるでしょうか。僕はいます。

やはり、100万円単位のようにまとまった金額で増えないと意味がないと考え、結果10万円も貯まらないどころか、クレジットローンの嵐になっているのを見かけたことが(今は何処)。

個人的には「月1万円の貯蓄は意味がない」とは思いませんが、そのくらいなら自分に使った方が良いのかなとは思います。

たとえば、遠くの図書館に本を1冊借りるなら、買った方がその時間でより大きく稼げるといった具合です。

この場合は

  • 図書館が遠くにある
  • 借りたい本が1冊しかない

というifの条件付きです。

図書館も近くにあって、定期的にまとめて借りるような場合はこの限りではありません。僕も住んでいる港区と事務所のある豊島区と図書館を使っています。

現実は恐ろしいくらい数字に忠実ですが、1000万円を元手に年利30%で運用できて300万円の利益です(そして税金が引かれます)。「年利30%くらい余裕だよ」と思う方は別ですが、ブログタイトルになるくらいけっこう大変なことなんですよ。

>>FXニートU コツコツと安全運転で年利30%↑↑

 

この話題に対する反応


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA