南アランドのスワップ金利でコツコツ貯める現実的な方法


アフリカの子ども
FXを始めたもののデイトレードが上手くいかず、豪ドルや南アフリカランドのスワップ金利狙いのトレードに移行する人が増えているようです。

たしかに、現在の円安相場では持っているだけでいつかは戻る手法が成り立つため、多くのトレーダにとってスワップ金利狙いのトレードは上手くいくと思われています。

しかし、逆の方向に動いてしまった場合、これまでコツコツ貯めたスワップ金利は一瞬にして吹き飛ばされて為替差損を抱えてしまうことになります。

当たったときは自分の実力のように過信し、間違ったときは意見を言うことなく退場していくのが相場の現実です。

ここでは極めて現実的に南アランドのスワップ金利を貯める方法を見ていきたいと思います。

 

南アフリカランドの政策金利

南アフリカランドのスワップ金利を見る前に南アフリカランドの政策金利を見てみましょう。

南アフリカランドの政策金利は最新の2014年10月までのデータで5.75%。これがどのくらい高いか分からないので比較したいと思います。

  • 日本:0.10%
  • 米国:0.25%
  • 欧州:0.05%
  • イギリス:0.50%
  • カナダ:1.00%
  • オーストラリア:2.50%
  • NZ:3.50%
  • 南ア:5.75%

比較すると分かる通り、圧倒的な高金利であることが分かります。国内のFX業者だと1日あたり130円〜190円のスワップ金利を得られる計算になります。

趣味半分でWikipediaを覗いてみると、南アフリカ共和国の首都はプレトリア(立法府はケープタウン)、北にはあのジンバブエがあるようです。どうも遠い国のことで地理があやふやになってしまうことがあります。

BRICsに南アフリカを足したBRICSの「S」として経済発展が期待されているものの、エイズや治安の悪化などが心配されることも多いようです。

FXをやる上ではその国の事情は関係ないと思いますが(特に短期売買においてはファンダメンタルズ分析はあまり役に立たなそうです)、それでもその国のことについて調べてみるというのは興味があって面白いと思います。

 

南アフリカランドでスワップ取引をする前に

ブログや雑誌などを見てみると、スワップ取引は「数年持つことが大事」などと書かれています。しかし、実際には前述の通り為替差損(買ったときに比べて価値が下がること)のリスクを考えると現実的ではありません。

同じように「円高時代に買ったポジションがある」というのもたまたま当たっただけの「まぐれ」であるため、これを実力と過信したり、その人の信者になることはきわめて危険な行為と言えます。

誤解のないように言っておくと、まぐれでも利益を得たのはすごいことだと思います。それでも、「まぐれ」を続けて狙うのは、優位性を考えると難しく感じます。

ここで大切なのはリスクを極力排除しながらスワップ金利を得ることです。

 

南アフリカランドを使ってスワップ金利を得る

以下は南アフリカランドを使ってスワップ金利を得るための検証結果です。

南アランドを使ったスワップ取引

検証期間はヒストリカルデータの都合上、2011年からと短いのですが期間での損益は+60.4pipsになりました。

これは非常に少ない利益に感じるかもしれません。しかし、この手法の目的はあくまで安定してスワップ金利を得るものです。

上の手法の特徴にはこのようなものがあります。

  • スワップ金利を得るためにロングだけでポジションを持つ
  • ポジションは1週間保有し続ける
  • 塩漬けポジションはない

この先上がるか下がるか分からない相場にビクビクする必要がないというのはとても大きなメリットになります。

おなじようにスワップ金利狙いの通貨ペアには豪ドルやNZドル、加ドルといった資源国通貨があります。

最近ではトルコリラも新興国通貨として人気があるようです。電車の中吊り広告やインターネットをしているときのGoogleAdWordsを見ていてもそのように感じます。

 

南アランドで得られるスワップ金利

南アランドのスワップ金利は1日あたり130円〜190円得ることができます。これは年間にして約6万円のスワップ金利を得られる計算になります。

前述の取引手法は「買い」で優位性があるときにだけエントリするため、必然的に取引回数は半分に減ります。

そのため年間に得られるスワップ金利も半減して約3万円になりますが、放置することで生まれるストレスがありません。

為替の動きに怯えながら数年間放置するより、利益があろうがなかろうがメカニカルにエントリと決済を繰り返すという手法もおすすめです。

 

まとめ

南アランドのスワップ金利でコツコツ貯める現実的な方法、いかがでしたでしょうか。

FXで積極的にトレードするかあくまで副業としてゆったりトレードするかは人それぞれです。もちろん様々なトレード手法のひとつにスワップ取引を入れるということも考えられます。

いくつもの運用方法の中にスワップ金利を狙った手法を取り入れることで、さらに安定した利益が得られるようになれば幸いです。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA