あなたは投資でなぜ損をするのか?初心者がやりがちな10の間違い


あなたは株式投資でなぜ損をするのか?初心者がやりがちな10の間違い

日本郵政 <6178> とその傘下のゆうちょ銀行 <7182> 、かんぽ生命保険 <7181> の大型新規公開をきっかけに証券各社には新規の口座開設が増加した。株式投資への関心は高まったが、新興国の成長減速やアベノミクスの限界も見えてきた。日経平均2万円の大台で持ち合い解消の売りも断続的にあり、相場環境は難しそうだ。ここで改めて、株式投資で初心者がやりがちな10の間違いを紹介しよう。

【特集2】あなたは株式投資でなぜ損をするのか?初心者がやりがちな10の間違い

ZUU onlineにあった記事です。タイトルは「投資」としましたが、元記事は「株式投資」になっています。

また「【特集2】」となっていることから、ZUU onlineには様々なジャンルの記事があげられています。ちなみに本記事は「投資の基礎」になっています。

余談ですが、ZUU onlineの勢いってすごいですよね。

僕はZUU onlineが投資メディアのいちばんになるんじゃないかなと思っています。たとえば左右に広告だらけだったり、広告主の顔色伺った記事だらけだったり、そもそもの知識がアレレだったりするサイトと比較すると、良質な記事が多くあります。

さて、そんな本記事では投資に失敗する10の間違いが掲載されていました。

 

投資で損をする10の間違い

  1. 計画性が無い人は投資をしてはいけない
  2. 評価、チェック能力の欠如した人は問題外
  3. 人真似しかできない人は猿にも劣る
  4. 含み損には目をつむるのに利益はすぐ確定してしまう
  5. 自分に都合の良いイメージを膨らませてしまう人
  6. 値ごろ感、過去の価格にこだわる人
  7. 高値に飛びついてしまう。安値で投げてしまう
  8. 投資指標を万能視してしまう
  9. テクニカル指標を信じすぎる、馬鹿にする
  10. 木を見て森を見ない人は投資に失敗する

以上が投資で損をする10の間違いになります。

思い当たる節はあるでしょうか。

流行りもののEA(自動売買ソフト)を追っている人は「人真似しかできない人」に該当してしまいそうです(←これホント危ないです)。

僕は「テクニカル指標を信じすぎる、馬鹿にする」、これの気が少しあります。

数多くのテクニカル指標があり、独自のツールを提供する有料のサイトやソフトも多い。テクニカル指標は後から見ると非常に正しく見えるが、現実の相場の中でトレンド系(順張り系)の指標はタイミングが遅れることが多い。

一方でリバーサル系(逆張り系)の指標は、相場にトレンドが出た時にはうまく機能しない。トレンド系にしても、リバーサル系にしても万能なテクニカル指標は存在しないと思った方が良い。

しかし、テクニカル指標は結果として市場の需給を良く表現していることも事実だ。信じすぎるのも良くないが、馬鹿にする必要もない。こちらも投資指標と同様に、あくまで目安程度に考えるのが無難であろう。

【特集2】あなたは株式投資でなぜ損をするのか?初心者がやりがちな10の間違い

真逆のことが書いてあるので難しいのですが、僕はテクニカル指標はほとんど使わない派です(馬鹿にはしていませんが、使いこなせない人です)。ローソク足もテクニカルといえばテクニカルなので使っているともいえます。

最近はトレンドを把握するのにテクニカルを上手に使っている人がいるものだと思いました。たとえば、上昇トレンドのときに「売り」ポジションを持たないように、フィルタとして移動平均線やボリンジャーバンドを使ったり。この辺り勉強したいです(汗)

 

まとめ

マーケットは常に新規参入と退場という新陳代謝を繰り返しています。その中で長期間残るのは本当に難しいことだと思っています。僕自身もけっして浮かれないように気をつけています。

新陳代謝を繰り返すということは、基本的に初心者が多くいる場所でもあるのかもしれません。即ち、どんな商品やサービスも初心者相手にした方が良いってことなのでしょうか。

ふと思ったクリスマス前の日曜日でございました。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA