2017年「すべてがFXになる」の歩き方


agenda-1928419_960_720

2017年になりました。

とあたかも新年が明けたばかりのような書き出しをしてみましたが、実際にこの記事を書いているのは1月15日、年明けの雰囲気などとうに抜け、日常が戻って久しくなりました。

去年の今頃は何をやっていたのだろうと調べてみると、『2016年「すべてがFXになる」を購読する方法』なんてすっかり意識が高い立派な宣伝を書いているではありませんか。人間こうも変わるものだと改めて思わされます。

変わらないのは意識が高い系のところだけ、「これ今日のアジェンダです。月12記事フィックスで、コミットなんですけど、どうですか?」と言わんばかりの姿勢は、今日も通常運転をしております。

 

2016年を振り返って

2016年もいろいろなことがありました。6月のBrexit(ブレグジット/読み方は諸説あります)、11月のアメリカ大統領選挙など相場を大きく動かす材料には事欠きませんでした。

相場は人間の心理が反映されている以上、「材料には事欠かない」というより、そのときもっとも大きなものを材料にしているというのが正しいところかもしれません。

個人的には、12月のDeNAのキュレーション問題がけっこう大きかったと思っています。Webライティング界隈ではあれをきっかけに、執筆体制を見直すところも多くありました。

正直なところ、よほどの専門記事ではない限り、無記名のWebライティングは買い叩かれているのが現状です。企業にも原因がありますし、ネットで集めた情報をまとめているだけのライターにも原因はあると考えています。

「すべてがFXになる」では、「FX攻略.com」や「BIGtomorrow」の記事を参考にすることも多かったですが、ちょっと考え直そうと思っていたりします。

あとは、複数サイトを運営する中で共通して思うのは、自分が興味ないことや本当に良いと思えないことは、記事を書いていて苦痛になるということです。これはFXの分野では特に強く感じました。

 

2017年の歩き方

前述のように、本当は興味がない分野というのは情報が浅くなってしまうものです。失礼ですが、雑誌の記事を参考にしていても「うーん」と思ってしまうことも少なくありません。

今年はそれらとは決別します。

もちろん以前から書いているように、100%成功することはありません。これはFXトレードでも同じですね。いちいち失敗を恥じたりせず、新しくやり直せばよいというスタンスで進めていきます。

また、今さらな感じはしますが、転載可能な2ちゃんねるのスレッド(2ch.sc)も記事ソースのひとつとして取り上げてみたいと思います。まとめサイトっぽくなったりして…(汗)

投資対象はどうなるでしょう。世間ではビットコインをはじめとした仮想通貨に注目が集まっています。「すべてがFXになる」と言いながらも、銘柄のひとつとしてそれらを取り上げるかもしれません。

トレンドでいえば、AirbnbやUberといった民間サービス、VR、ドローンなどもありますが、あくまで「相場」が関わる範囲を意識しています。カジノなんてものもサイトを分ければ面白そうです。

 

今年もよろしくお願いします

2014年に開設した「すべてがFXになる」もなんだかんだと2年が経過し、3年目を歩いています。今年も手法だけでなく、資金管理の重要性についても見ていきますので、どうぞよろしくお願いします。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA