豪ドルを使ったトレード手法「A$に誓って」


$は壊れたね」「€は遊んでくれたよ」「£になるまで待って」とこれまで月にひとつずつ発表してきた手法ですが、諸事情により少しの間は月にふたつずつ発表したいと思います。

今回ご紹介するのは「A$に誓って」。

日本人トレーダにも人気の高い豪ドル円と豪ドルドルを使った手法です。

 

「A$に誓って」

「A$に誓って」は複雑なテクニカルを一切使わずに作られた手法です。単純な手法のため将来にわたって再現性が高いのが特徴と言えます。

「A$に誓って」は豪ドル円と豪ドルドルのそれぞれ日足と週足を使った手法です。

余談ですが名前は「オージーに誓って」と呼ぶことにしています(どうでも良いですが)。

それぞれの成績を見ていきます。

 

A$に誓って【AUD/JPY・日足】

豪ドル円の日足

  • 検証期間:2001年〜2014年11月
  • 損益:+8,495pips
  • 勝率:51%
  • 平均勝ち:46.9pips
  • 平均負け:46.9pips
  • PF:1.53
  • PR(損益率):1.48

損益率がそこまで良くないため、単体で使うよりほかの通貨ペアと一緒に使いたいところです。

FXで生き残るために最低限必要な検証方法

為替相場はそのときの相場によってドル、円、ユーロが主導して動くことが多くあります。実際はドルありきと言われるほどです。

しかし、たまにはポンドや豪ドルといった通貨ペアが主導で相場が大きく動くときもあります。そんなおこぼれをちょうだいするように仕掛けます。

 

A$に誓って【AUD/JPY・週足】

豪ドル円の週足

  • 検証期間:2001年〜2014年11月
  • 損益:+5,993pips
  • 勝率:50%
  • 平均勝ち:91.1pips
  • 平均負け:84.5pips
  • PF:1.43
  • PR(損益率):1.08

週足を使った豪ドル円のトレードはスワップ金利が効いてくるため、ロングのみとしています。結果、PRもとても良い数字となりました。

豪ドルのように高金利通貨(と言っても最近はだいぶ利下げされていますが)は日をまたいで保有するほど、スワップ金利が発生し、売りポジションを持つとマイナススワップが発生します。

そのため、週足のように比較的長い時間足でトレードするときは「買い」と「売り」で成績が顕著に異なることが出てきます。

同じ手法の「買い」と「売り」

 

A$に誓って【AUD/USD・日足】

豪ドルドルの日足

  • 検証期間:2001年〜2014年11月
  • 損益:+4,308pips
  • 勝率:50%
  • 平均勝ち:37.9pips
  • 平均負け:30.8pips
  • PF:1.27
  • PR(損益率):1.27

利益をとっているのが一時期に偏っている気もしますが、元々ボラティリティも少ない通貨ペアなので特に気にすることなくトレードしています。

 

A$に誓って【AUD/USD・週足】

豪ドルドルの週足

  • 検証期間:2001年〜2014年11月
  • 損益:+3,978pips
  • 勝率:55%
  • 平均勝ち:75.4pips
  • 平均負け:70.4pips
  • PF:1.31
  • PR(損益率):1.07

損益は少ないものの非常に安定している成績になっています。豪ドル円とおなじくスワップ金利の影響を受けるためロングのみとしています。

 

「A$に誓って」まとめ

A$に誓って、いかがでしたでしょうか。もう一度成績をまとめたいと思います。

日足 週足
AUD/JPY +8,495 +5,993 +14,488
AUD/USD +4,308 +3,978 +8,286
+12,803 +9,971 +22,774

同じ外国の通貨でもそのときの相場によってクロス円とドルストレートで異なる動きをすることが多々あります(2014年11月現在は円主導で動いています)。

安定した利益を獲得するために通貨ペア、時間足を分散するのはとても有効な手段になります。トレードの参考になれば幸いです。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA