ToDoリストの管理がうまくなる7つのコツ


ToDoリストの管理がうまくなる7つのコツ

MakeUseOf:「ToDoリストさえ使っていれば、どんな仕事も締め切り通りに仕上がる」と言うのなら、それはすばらしいことですが、実際はそう簡単にいきません。ワークフローが望み通りの効果を発揮するには、しっかり手間をかけ、合理的にまとめたToDoリストが必要です。ラッキーなことにToDoリストマネージャーを確実に使いこなすのは、それほど難しいことではありません。「ほんの少し計画する」「達成したいことを明確にする」「他人が思いついた名案を柔軟に取り入れる」この3つさえできれば十分です。

これから紹介するコツを活用すれば、実際に、仕事に差が出るToDoリストが作れるでしょう。

ToDoリストの管理がうまくなる7つのコツ

ライフハッカーにあった記事です。ToDoリスト作っていますか? 僕は単調な毎日なのでほぼ決まりきったことを繰り返していますが(あまり良くないそうです)、それでもいつまでにあれをやってこれをやってくらいは考えるようにしています。

記事の中では、仕事に差が出るToDoリストが作れる7つのコツが紹介されています。

  1. ToDoリストを作るタイミングを考慮する
  2. 紙とペンにするかデジタルにするか決める
  3. デジタルにするなら、使う価値のあるツールを選択する
  4. 作業を細分化する
  5. 時間の管理と配分がすべて
  6. タスクを完了するごとにToDoリスト上で「済」の印をつける
  7. 他人がうまく使っているテクニックから学ぶ

この中で「時間の管理と配分がすべて」が気になりました。

ToDoリストは1カ所にすべてのタスクを記載しておけるすばらしい方法ですが、これらのタスクが完了するのに、どのぐらいの時間がかかるか見当がつかないと、それほど便利とは言えません。もちろん、仕事を終わらせるのに必要な時間は見積もることしかできないので、おおよその数字しかわかりません。それでも、それがわかることはやはり大変重要です。

ToDoリストの管理がうまくなる7つのコツ

解決策としてGoogle Calendarを使うというのが意外でしたが(もっとメンタル的なものを予想していました)、Googleのサービスってすごく便利なのでおすすめです。他人と一緒に仕事をすると分かりますが、意外と使っていない人って多いものだと思います。

 

この記事に対する反応


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA