FXトレードスタイルの違い


砂時計
スキャルピング、デイトレード、スイングトレードなど、FXには取引期間によって様々なトレードスタイルがあります。それぞれにメリットとデメリットがあり、向き不向きの問題なので、どれが良い悪いとは一概には言えません。

また、順張りに逆張り、通貨ペアの組み合わせなども考慮するとさらに選択の幅が広がってきます。これが難しいところでもありFXの面白い点だとも言えます。

ここでは取引期間によるFXトレードスタイルの違いを見ていきたいと思います。

 

FXのトレードスタイル:スキャルピング

チャートに張り付いて、数秒から数分という極めて短い期間で取引をするトレード。その名前の由来は「敵の頭の皮を剥ぐ」という意味の「スカルピング」から来ています。

クエンティン・タランティーノ監督の映画『イングロリアス・バスターズ』に同様の演出があったような。僕も以前はよくやっていましたが、最近はご無沙汰スタイルであります…。

 

FXのトレードスタイル:デイトレード

現在、もっともメジャな取引なのがデイトレード。取引コストであるスプレッドが低下してきたことによって個人投資家の間で爆発的に広まりました。

一口に「デイトレード」と言っても、期間は意外とバラバラ。スキャルピングに近い数分から1時間程度で取引を終えるトレーダもいれば、1日かけるトレーダもいます。

僕がよく使うのは、東京・ロンドン・ニューヨークといった市場別に仕掛ける時間足を使ったトレード。そして日足を使ったゆったりしたトレードも合わせて使っています。

 

FXのトレードスタイル:スイングトレード

数日から数週間に渡って取引をするのがスイングトレード。通貨ペアによっては、日をまたぐことによって金利差であるスワップももらえることから、豪ドル円やNZドル円といった高金利通貨ペアでも人気の取引スタイルです。

週末リスクなども考慮する必要があります。日足や週足を使って取引するのが一般的ではないでしょうか。僕もデイトレードと並んで、長い周期の足を使ったトレードを合わせて使っています。

 

トレードスタイルによる違い

スキャルピング デイトレード スイングトレード
1回の損益pips 小さい 大きい
スプレッドの影響 大きい 小さい
トレード回数 多い 少ない

スキャルピングはトレード回数が多く、資金効率が良いように感じますが、1回の損益pipsが小さいため、必然的にスプレッドによる影響を受けやすくなります。

もう少し簡単に考えてみましょう。1回のトレードで3pipsの利益を狙ったスキャルピングの場合、スプレッドに1pipsかかるとすると毎回のトレードの25%はスプレッドに支払う計算になります。

一方、取引回数が少なく一度の損益pipsが100pipsの手法の場合、1回のトレードに対してのスプレッドの割合は1%になります。

一般的に回数を重ねた方が資金効率が良い、または大数の法則という言葉に惑わされがちですが、スプレッドは盲点となります。

損益ではなく損益pipsという言葉を使ったのには理由があります。損益pipsに差はありますが、損益が同じになるように枚数を揃えておく必要があります。そうしなければコツコツとスキャルピングで貯めた利益も一度のスイングトレードで吹き飛んでしまうことになります。

 

異なる取引期間でトレードする利益が安定する

僕は狭いスプレッドの通貨ペアでは市場ごとのデイトレードも積極的に行い、より多くの通貨ペアで日足、週足、月足を使った手法を使っています。

異なる期間でトレードをすることによって、市場ごとに逆の動きをした場合にも利益を獲得できたり、また、小さなノイズにダマされることが減ったり、差益のほかにスワップを獲得できたりと、リスクを分散させるポートフォリオを形成することができます。

具体的には、市場ごとでトレードした場合、ロンドン市場とニューヨーク市場で逆の動きをした場合にも対応できます。

一方、1日の大きな流れでトレードするデイトレードの場合、市場ごとに異なる流れの日があると小回りが利かないため、利益を吐き出し損失を抱えやすくなります。

もちろん1日の流れがずっと同じ場合は、トレード回数を少なく最後まで保有しているのがもっとも利益が大きくなります。スキャルピングのように出たり入ったりを繰り返すのがもっとも手数料もかさみ利益が少なくなる傾向があります。

ひとつの期間を多くの通貨ペアでトレードすることも十分リスクの分散と言えるでしょう。もちろんそのためには通貨ペアごとの相関関係にも気を使うことが大切です。

多くの時間軸で多くの通貨ペアでトレードするようになると成績は安定してきます。

 

まとめ

取引期間によるFXトレードスタイルの違い、いかがでしたでしょうか。

異なる期間で異なる通貨ペアをトレードする場合は自動売買もおすすめです。

様々な表情を見せる相場と付き合うには、いくつかの手法でトレードすると利益が安定します。サラリーマン、主婦、自宅警備員など自分の生活リズムに合わせて無理のないトレードスタイルを見つけていきましょう。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA