「無意識のブレーキ」を弱める方法


脳

出典:http://dailygenius.com/

「FX攻略.com 2016年5月号」のMayuhimeさんのコラム「「無意識のブレーキ」を弱める方法」を見ていきます。今回は何だかとてもメンタルな雰囲気がしてくるのでした。

 

陥りがちな3つのパターン

メンタルの問題とは、トレードの現場ではどのように表れてくるのか。最も分かりやすいのが、「分かっているのにできない」「知っているのに止められない」「さんざん痛い目にあっているのに、どうしても同じミスを繰り返してしまう」といった、「できない」「止められない」「繰り返す」の3つのパターンです。

 

無意識領域で何が起きているのか

なぜ、こんなことが起こってしまうのか。それは、人間が自分ではコントロールできない「無意識」のメカニズムが関係しているからです。

人が夢や目標をかかげるということは、意識レベルでは、「現実、現状のデメリット」を変えたいと思い、「夢や目標のメリット」を手に入れたいと思っています。ところが、それが叶っていない、達成されていないとき、無意識レベルで何が起こっているのかというと、変えたいはずの「現実、現状」にメリットを感じていて、手に入れたいはずの「夢や目標」を実際に手に入れたときのデメリットを感じているのです。

 

意識と無意識の綱引き状態

変えたいはずの「現実のデメリット(意識)」と、「現実のデメリット(無意識)」、「目標のメリット(意識)」と「目標のデメリット(無意識)」が綱引き状態になっている。言い換えると、意識のアクセルに対して、無意識のブレーキがかかっているわけです。

 

無意識との付き合い方

この「意識」と「無意識」の綱引き状態を止める、すなわち、無意識のブレーキを弱めるためにはどうすれば良いのでしょう。

無意識にある心の声を、意識レベルにあげる。具体的には、あなたがFXで勝てないことで生じる「現実、現状のメリット」とあなたがFXで勝つことで生じる「夢や目標のデメリット」を思いつく限り紙に書き出してください。

無意識の声が意識に上がれば、そのとき、無意識のブレーキが外れて、あなたは望み通りの夢や目標を手に入れることができるでしょう。

 

まとめ

「「無意識のブレーキ」を弱める方法」を見てきました。思った以上に「メンタル」といった感じです。「FXで利益を出せないと友だちがなぐさめてくれる」というのは無意識における「現実・現状のメリット」になるとあります。相場ってみんなで傷を舐め合ってやるほど甘いものではないと改めて思うのでした。

 

「FX攻略.com 2016年5月号」関連記事

  1. マイナス金利ってどういうこと?
  2. 原油価格と世界各国の関係
  3. FXと関係の強い投資対象(プロダクツ)の基本
  4. 虹色FX(7本の移動平均線)「虹」が出たときだけトレンドフォローする簡単手法
  5. 短期に徹し、ストレスをなくす、私のトレード時間割
  6. スイングな私の一日
  7. スケジュール管理とトレードポリシー
  8. 「無意識のブレーキ」を弱める方法
  9. 口座使い分けのすすめ
  10. 難しい相場だからこそ自動売買がお勧め
  11. 神スキャル「ボリ平ドラゴン式」虎の穴 実践編2

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA