ドル円一時116円まで下落、資産1億7000万円をFXで溶かした女性は失踪…


2015年8月25日(火)、ドル円相場が一時116円まで下落しました。

その日、121円を高値にジワジワと下がりはじめたドル円相場は、120円も下回ると119円台をウロウロ…。22時10分から激しく値下がりを見せました。

以下、ハムスター速報に掲載されていたものです。

ドル円相場

22時10分、11分の2分間で約300pipsの下落をしたことになります。

年に一度や二度起きる大幅な下落は、直近では震災後やギリシャショックなどニューヨーク時間の午後に起きる印象がありますが(完全なる思い込みですが)、今回は22時台と世界の真っ昼間に起こりました。

2015年と言えばなんといってもスイスフランショックですが、あちらはたしか18時だったと記憶しています。

今回は22時ということで相場を見ていた方も多かったと思います。そうとは言っても、相場が大きく動いたのはほんの2分間。ちょっと目を離した隙に動いてしまったという方も多いのではないでしょうか。

(引用:http://hamusoku.com/archives/8944041.html

 

資産1億7000万円を溶かした女性が失踪

そして、もうひとつ、急激に円高に触れたドル円相場の結果、資産1億7000万円を溶かした女性がアカウントを消すということがありました。

FXで1億7000万円を溶かした女性1

1億7000万円もの資産を持っている時点で十分にすごいのですが…

 

FXで1億7000万円を溶かした女性2

莫大な含み損を抱えた結果…

 

FXで1億7000万円を溶かした女性3

 

失踪…。

(引用:http://hamusoku.com/archives/8944380.html

 

厳しいかもしれませんが、これが現実なのだと思います。

自分が提供したEAや作成したEAを運用している方は、運用状況が確認できるのですが、中には意地でもトレードしていたことを認めない方もいたり…。

どんなに優位性のあるEAでも、欲を見てロットを上げすぎるとドローダウンに耐えられなくなり破産するのが見えています。

また、運用前に決めたライン(たとえば最大ドローダウンなど)になるまではトレードを続け、ラインに達したら潔く運用を止めるというのも大切です。

「FXのみで生計立ててないのかよ」と思われるかもしれませんが、システムトレードは、実際にトレードしている時間は少ないので(自動売買ならなお)、いそれ以外の時間は検証をしたり、違うことをしているのが良いと思っています。

見ていても見ていなくても同じ金額しか損益は出ないのです。それならば空いた体をほかのことに使うとより効率的に資金を得られるようになるかと。

 

8月25日の日中足トレード

普段、勝とうが負けようが負けようが負けようが、システムトレードは決めたルールを継続することが大切です。ドローダウンになったからと言っていちいち気分を上下させていても何もはじまりません。

ここで、8月25日の日中足のデイトレード(ロンドン時間〜ニューヨーク時間)を振り返ってみたいと思います。

  • ドル円:+196pips
  • ユーロドル:+112pips
  • ユーロ円:+44pips
  • ポンド円:-107pips
  • ポンドドル:+16pips

ドル円とユーロドルが大きく動き、ドル円とユーロドルで大きく利益になりました。反対にユーロ円やポンド円といったクロス円は大きな方向にはなりませんでした。

今回の相場の面白いところは、ドル円相場もユーロドル相場も「下落」していることです。ドル円相場では「ドル売り円買い」、ユーロドル相場では「ユーロ売りドル買い」になります。

強弱関係で言うと以下のようになっていると言えそうです。

円>ドル>ユーロ

ドル円とユーロドルが大きく下落したということは「ドル」が主役な気がしますが、そうするとドル円では売られて、ユーロドルでは買われてという立場になります。

相場によってどの通貨が主導になるかは分からないので、どの通貨が動いても利益が出せるように、そしてリスクを分散できるようにしておくのが良さそうです。

特にシステムトレードの順張りにおいては、このような日に一気に利益を得て今までコツコツ負けていた部分を吹き飛ばしてお釣りをもらうような気持ちで臨まなければなりません。

「相場が大きく動いたときだけ成績を掲載するなんて卑怯」

「勝ったときだけ成績を掲載するなんてあの人たちと同じ」

と思われてしまいそうですが、大丈夫。8月の225先物のナイトセッションは-2,150円(1枚あたり-215,000円)を叩き出しています…。

 

まとめ

ドル円一時116円まで下落、資産1億7000万円をFXで溶かした女性は失踪…、いかがでしたでしょうか。

FXは大きく利益が出せる可能性がある分、リスク管理をしっかりしないと大きく負ける可能性があります。いえ、一気に負ける確率が高まってしまいます。

そして、FXで継続して利益を出すには、勝率からスプレッドコストに至るまで、普段は目を瞑りがちな数字が大きく影響してきます。

どんぶり勘定をすることなく、繊細なトレードを心がけることが大切です。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA