EA Analysisさんの「USDJPY SNIPER」アジア時間早朝にエントリーをするEA


USDJPY SNIPER

相場には動きやすい時間と動きにくい時間があるというのは、FXトレーダのほとんどが知っています。東京・ロンドン・ニューヨークの世界3大市場がオープンする時間の前後はトレンドが発生しやすい傾向があります。

反対に、それ以外の時間帯、例えば日本時間の早朝や、お昼過ぎ(ロンドン市場がオープンするまで)、深夜の時間帯はマーケット参加者が少なくなるため、値動きが小さくなります。

今回はそんな値動きが落ち着いている日本時間(アジア時間)早朝に取引するEAを見ていきましょう。EA AnalysisさんのEA「USDJPY SNIPER」を検証したいと思います。

 

「USDJPY SNIPER」を選んだ理由

「USDJPY SNIPER」は6月3日に更新されたGEM-Trade 無料EA人気ランキングの1位を獲得しているEAです。また、もう1週間前のランキングでも4位を獲得しています。

個人的な感想を言うと、ランキングとは無縁の生活をしているため、誰かに支持されるというのは本当にすごいことだと思っています。一度でいいから「○○ランキング」に入ってみたいものです。

子どもの頃「ハンカチ持っていそうなランキング」には入ったことがあるかも(どうでもよい)。

 

EA Analysisさん

「USDJPY SNIPER」の提供者はEA Analysisさんです。GEM-Tradeではほかに「EARLY PHOENIX」というEAも提供しています。今回の「USDJPY SNIPER」は特に人気なので、今後の活躍も楽しみです。

 

「USDJPY SNIPER」

「USDJPY SNIPER」の概要を見てみましょう。

  • 通貨ペア:USD/JPY
  • 使用時間足:5分足
  • 最大ポジション数:3
  • 取引スタイル:スキャルピング〜デイトレード

本EAはいわゆる「早朝スキャルピングEA」に分類されます。

マニュアルには「スキャルピング」とありますが、TP(リミット値)が40pipsに設定されているので、どちらかというと「デイトレード」に近いかもしれません。

 

「USDJPY SNIPER」のパラメータ

以下は、「USDJPY SNIPER」のパラメータになります。まずはザッと見てみましょう。カッコ内()はデフォルト値(初期値)です。

 

パラメータ(基本)

  • TP:リミット値のpips(40)
  • SL:ストップ値のpips(200)
  • Lots:ロット数(0.1)
  • MaxSpread:スプレッドが設定した値以上のときはエントリーしません(5)
  • MAGIC:マジックナンバー(20151101)
  • MaxPos:最大ポジション数(3)

ロット数を設定するだけであとはデフォルト値を推奨します。ユーザ目線からすると、煩雑な設定なしにトレードできるのは嬉しいところです。開発者さんはバリバリの理系であることが多いですが、使う人は「じゃない」んですよね(そもそも文理を分けることが古臭いけど)。

推奨は$2000(約20万円)に対して0.1ロットになっています。

 

「USDJPY SNIPER」のバックテスト結果

USDJPY SNIPER

「USDJPY SNIPER」のバックテストを実施しました。スプレッドは20(2.0pips)で実施しています(取引が早朝時間のためもう少し広いスプレッドでテストした方が良かったかも…)。

  • 期間:2005年1月〜2016年4月
  • 初期証拠金:10000(ドル)
  • 取引ロット:0.1(1万通貨)
  • 純益:+6,933.58(ドル)
  • プロフィットファクタ:1.26
  • ペイオフレシオ:0.61
  • 最大ドローダウン:28.91%
  • 勝率:67.14%
  • 最大勝ちトレード:+51.90
  • 最大負けトレード:-256.85
  • 平均勝ちトレード:+11.96
  • 平均負けトレード:-19.40
  • 最大連勝:6
  • 最大連敗:3

公式のバックテスト2014年からになっていて、たしかに直近の成績は優れています。しかし、途中大きめのドローダウンがあるので、これを乗り越えられればという印象があります。

バックテストでへこみがあるところは見て判断するのは簡単ですが、いざ実際に自分がその窮地に立たされると、なかなか手法を使い続けるのは難しかったりします。

そこで、今回検証から得られた最大ドローダウンの28.91%を元に、これを更新したら運用を止める、それまでは使い続けるというのがおすすめです。

資金管理はドローダウンの大きさから考えて、$10000で0.1ロット(1万通貨)を推奨します。

  • $1000(10万円):0.01ロット
  • $3000(30万円):0.03ロット
  • $5000(50万円):0.05ロット
  • $10000(100万円):0.1ロット

マニュアルにある$2000に対して0.1ロットだとちょっと耐えるのが難しくなります。というより、検証結果からすると破産することになります。あくまで抑え目の取引枚数にしましょう。

 

まとめ

GEM-Tradeの無料EA人気ランキング1位のEA、EA Analysisさんの「USDJPY SNIPER」を検証してきました。相場の時間帯ごとのクセによって手法を変えるというのは効果的です。ただし、あくまで取引枚数は控えめに。

目を円マークんして皮算用するのではなく(¥_¥)、リスクを考えながら取引するのが相場に残る秘訣だと、最近はよりいっそう思うようになりました。

>>GEM-Trade(ゲムトレード)公式ホームページ


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA