ロブ・ブッカーの「ボルテックス」ローソク足がピボットポイントに戻る性質を利用


竜巻

今回は試験的ということで、あのロブ・ブッカー氏の手法「ボルテックス」を見てみます。ボルテックスは「ローソク足がピボットポイントに戻る性質を利用」した手法です(ピボットポイントについての細かい説明は割愛します)。

ちなみにこのボルテックス「vortex」とは「旋回する渦巻き」のことで、

何でも吸い込む、強いエネルギーの場。つまり、PP(ピボットポイント)が渦として働き、ローソク足がまるで吸い込まれるようにしてPPに引き寄せられるというわけです。

全米最強のFXコーチ ロブ・ブッカーとZAiが作った米国式FXマニュアル

ここでは検証の参考になるように「ボルテックス」をまとめます。

 

ボルテックスの進め方

前準備:チャートを開き、ピボットポイントを表示する

通貨ペアをひとつ選んでチャートを開きます。チャートの時間足は1時間か15分。テクニカル指標のピボットポイントを表示しておきます。

STEP1:ローソク足が横ばいの動きになるのを待つ

ボルテックスのシグナルはローソク足の横ばいの動き。これを見つけたら「トレードスペース」を描きます。

STEP2:エントリー、ターゲット、ストップロスを確認する

ボルテックスでは、エントリーとターゲット(リカク)、ストップロス(損切り)の注文を一度に行います。3つの価格はPPからの距離で決めます。

STEP3:注文を入れる

STEP2で算出した3つの価格で売買注文を入れます。使う注文は「IFO注文」です。

STEP4:ストップロス管理をしながら結果を待つ

「損を少なくおさえる」ためには、このストップロス管理が重要!! しっかり学んでおきましょう。

 

前準備:チャートを開き、ピボットポイントを表示する

前準備として「チャートを開いてピボットポイントを表示する」があります。

ボルテックスで新規注文を入れるのは、日本時間の月〜木曜日の午後3〜4時以降をオススメします。これはヨーロッパの為替市場が開く前の時間です。為替が動きだして、ローソク足がPPからさらに離れるか、戻ってくる傾向があり、トレードのチャンスだからです。

時間足は1時間足か15分足。

通貨ペアは、ポンド/円、ユーロ/円、ポンド/ドルの3つがあげられています。

 

STEP1:ローソク足が横ばいの動きになるのを待つ

ある一定の値幅で上下を繰り返す「横ばい」の動きになるまで待ちます。

横ばいの動きをみつけたら、PPとローソク足の間にスペースが見えてきます。そこに「トレードスペース」を描きます。「トレードスペース」を描いたら、その高さが50pips以上あるかを確認します。高さが50pips以上あれば、ボルテックスのトレードができるチャンス到来です。

少し待ち、ローソク足が横ばい状態に疲れて、PPに向かいそうな様子を見せたらそのときがチャンスです。この「PPに向かいそうな様子」の目安は、ローソク足がPP側に長いヒゲを残したときです。

 

STEP2:エントリー、ターゲット、ストップロスを確認する

ローソク足がPPの上(下)にあるとき、PP価格から20pips上(下)の地点にターゲットをおきます。

エントリーはターゲットから30〜50pips上(下)の地点です。この範囲はトレードスペースの高さによって調整します。

ストップロスは、エントリーから50pips上(下)です。

分かりにくいので(小さいですが)画像を掲載します。

ボルテックス

出典:http://zai.diamond.jp/

「買い」の場合、以下の並びになります。

───PP

───ターゲット

───エントリー

───ロスカット

PPを中心に20pips離れた場所がターゲット、ターゲットから30〜50pips離れた場所がエントリー、エントリーから50pips離れた場所がロスカットです(「売り」はこの逆になります)。

 

STEP3:注文を入れる

先ほど算出したエントリー、ターゲット、ストップロスの3つの注文に反映させます。注文には、「IFO注文」を使います。

ただし、本書を見る限り、エントリーは「PPに向かいそうな様子を見せたら」と裁量が入っているので、IFOは難しそうです。システムに落とし込むときには、このあたりがポイントになると思います。

 

STEP4:ストップロス管理をしながら結果を待つ

IFO注文をしてしまえば、あとは結果が出るまで放っておくことも可能です。

しかし、確実に「1日10pips」の目標を達成するためにも、注文をしたあとは放っておかずに、トレードのなりゆきをときどきチェックするようにしましょう。

ストップロスはあくまでも緊急事態用のシートベルトと考えておきましょう。

大痛手になる前に自分で判断し、手動で損切り決済するのが賢明です。

また、応用としていくつかの点があげられています。

15pips利益が穫れる位置に来たときに、当初、エントリーから50pips離して設定していたストップロスの位置をエントリーの位置に移動しておきます。

こうしておけば、もしローソク足が思惑とは逆に動いてしまい、ストップロスに当たって自動的に損切りされてしまっても、失うのは0pips。つまりリスクはプラスマイナスゼロ。最低でも損しないということです。

トレーリングストップの考え方です。

もうひとつ、さらに利益を追求する方法も紹介されています。

ターゲットを越える利益を目指したいときは、当初設定したターゲットをPPの位置に移動します。そもそもPP自体をターゲットに設定するトレーダーも数多くいます。

このときにも大事になるのが、前述のとおりストップロスをエントリーの位置に動かしておくことです。こうしておけば思惑が外れてローソク足が切り返してしまっても損はゼロで済み、失うものはナシ。

 

まとめ

ロブ・ブッカー氏の手法のひとつ「ボルテックス」について見てきました。

ローソク足がピボットポイントに戻る性質を利用したというのはトレードの王道と言えます。難しいのは、30〜50pipsという価格の幅、ストップロス(損切り)の場所を移動する、ターゲット(利益確定)も伸ばしてみるという「裁量」による点が多いところです。

昔から気になっている手法ではあったのですが、今回、改めてまとめてみました。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA