Sarahさんの実体験に基づく物語「わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。」


わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。

もっとも人気のある女性FXトレーダのひとり、Sarahさんによる著作『わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。」

amazonの紹介によると以下のようにあります。

結婚するために会社を辞めたサラの元に、彼から別れのメールが届いた。30歳目前、収入も彼もない、どん底からの再出発。彼から教わったばかりのFX(外国為替証拠金取引)の素人知識とパソコン1台を武器に、資金30万円からのひとりぼっちの闘いが始まった。収入ゼロのおひとりさま女子が素人知識でFXトレードデビュー。お金と恋の不安と闘う人達に捧げる、リセットから始まるおひとりさま女子、奮闘の物語。

わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。

個人的には幻冬舎出版というだけで羨望の眼差しで見てしまいます。見城徹社長が好きです。

さて、本記事ではSarahさんの著作である『わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。』を見ていきます。

 

はじめに

今、この世の中で、自分の仕事、パートナー、人生そのものに満足している人って一体どれくらいいるのでしょう。みんな、それなりに不安や不満を抱えて生きているんじゃないかと思います。

私の20代はとにかく不安だらけでした。激務に追われ、終電に飛び乗る日常の中、「このまま年齢を重ねていっていいの?」「今のままの仕事で大丈夫?」「この体力はいつまでもつんだろう……?」と、自分の将来に光が見えず、心の中に、いつもモヤッとした霧がかかっていました。

こんな書き出しで始まります。本書『わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。』はFXの指南本ではなく、あくまでSarahさんの体験に基づく物語ということで、FXの手法が掲載されている本ではありません。

ただ、上にも書かれているように「自分て何したいんだろう?」という気持ちが少しでもある女性(女子?)は特に、一度読んでみると何かのきっかけになると思います。

実は他人の紡いだ物語には興味ない―皮肉ですが、お金の世界にいて効率を考える方の中にはそのように考える方も少なくありません。そんな方は「はじめに」を読んだあと、パラパラとページをめくって自分に役立ちそうなものだけをかいつまんでいくのもおすすめです。

 

FXとの出合い

多くの女性が望むのと同じように、私も、ごく普通に結婚し、子育てしながら幸せな家庭を築きたい、そう漠然とした夢を描いてきました。旦那さんのお給料がすくなければ、私がお小遣い稼ぎをすればいい。そんなささやかな妄想を膨らませながら……。ところが、このFXとの出合いによって、私の人生は激変することになったのです。

ここも「はじめに」の一部です(濃いですよね)。女性にとっては共感できることも多いのではないでしょうか。男性にとっては共感できるという方もいれば、「お前ら散々好き勝手やっておきながら適齢期迎えた途端に都合の良いこと言いやがってぇ」となっている方もいるでしょうか(あたくしの意見ではありません)。

 

投資の教訓

投資の教訓は、人生のそれととてもよく似ています。

逃げるタイミングを間違うとドツボにはまる。
欲張り過ぎると逃げていく。
そこそこで満足することの重要さ。
リスクを負わないと、リターンは得られない。

FXを通じて様々な教訓を学びました。それが人生にちゃんと活かせているかどうかは、また別の話ですが。

ザ・女性の目線です。男性は耳が痛いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。かくいう僕も男性のひとりなので、おちおち見ていられません。いつの時代も男性は女性に値踏みされる存在なのでしょう。容姿、収入、将来性、まったく世知辛い世の中でございます(フンだ)。

 

FXトレーダーの一番の醍醐味

手に職もないし、キャリアもない。いつまでこの仕事を続けられるの?
彼氏もいないし、出会いもない。一体いつになったら結婚できるの?
貯金も全然ない。この先、私の生活大丈夫かな?

友達と話していると、そんな不安を口にする子がたくさんいます。「人生は自分のもの。自分で切り拓くしかないのだから」。そう偉そうに語っている私も、まだまだ道の途中だったりします。

でも普通のOLをしていた頃には、想像もつかなかった人生を今は楽しんで暮らしています。経済的自由以上に大きかったのが、時間的自由を得られたこと。自由な時間に仕事をして、しんどくなったらお休みして。気分転換にカフェでトレードにしたり、旅行中に旅費を稼いだり。贅沢な時間の使い方ができる。これが、FXトレーダーの一番の醍醐味です。

おそらくこれがもっとも人がFXに対して憧れる理由のひとつではないでしょうか。たしかに「時間的自由」は会社勤めをしている人には決して味わえないものです。かくいう僕も、会社勤めをしているわけではないので、時間は比較的自由だったりします。ただ、ここに書かれているようなカフェでトレードなるオシャレなこととは無縁の生活なのではございますが…。

 

まとめ

Sarahさんの『わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。』から「はじめに」を引用しながらご紹介してきました。物語はここから始まります。

FXだけに限らず、こうしてお金を得るというのは時間に縛られた生活から解放されることを意味します。必然的に立場も強くなるので、嫌な仕事を受けないという自由も生まれます。そんなことを言うと、見城徹社長に「憂鬱でなければ、仕事じゃない」と怒られてしまいそうです。

FXで自由を得たって自分を縛り付けるくらいストイックにいたい、そんな人になりたいものでございます。

さぁ、本書を読んだらすべき行動はただひとつ、今すぐ行動に移してしまいましょう。

わたし、すっぴんジャージで「億」を稼いでます。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA