円安がどう進むとか予想するのは卒業しましょう



数式
書店の経済書コーナをウロウロしていると目に入るようになった2015年の為替相場を予想した数々の特集。

  • 円安傾向はまだまだ続く
  • 1ドル125円になることはみんなが一致した
  • メインシナリオは1ドル125円〜130円
  • 場合によってはさらなる円安も

どれもこれも円安に拍車がかかることを扇情的に伝えています。

しかし、1ドル125円になることを予想してどうなるのと思った方も多いはずです。

ここでは「予想」することについて見ていきたいと思います。

 

FX相場を予想するということ

FXは誤解を恐れずに言うなら相場が現時点から上がるか下がるかを当てるものです。

これをマネーゲームと言えばきっと聞こえは良くないですし、投資と言えばカッコ良くなるかもしれません。実際には投機がふさわしいのかもしれませんが、投資と投機の是非についてここで掘り下げることは致しません。

ただ、投資にしても投機にしても「お金」を使ったものはリスクが発生する分、ほかの仕事にはないリターンが見込めます。リスクがある分、余剰資金でやる、分散するというリスク管理は大切です。

分散には「銘柄」の分散のほか、「手法」の分散、そしてFXだけではなくほかにも収入源を確保するということも考えられます。

さて、先ほどの「1ドル125円になる」という予想ですが、これは誰をターゲットにしたものになるでしょうか。

 

FXのトレードスタイル

「1ドル125円になる」という予想が誰のものであるのか分かりやすくするために、FXトレーダのトレードスタイルをまとめてみましょう。

ザイFXのアンケートによるとトレードスタイルはこのようになっています。

トレードスタイル期間割合
スキャルピング数秒〜数分17.4%
デイトレード1日以内22.0%
スイングトレード数日〜1週間27.6%
長期投資1ヶ月以上16.4%
決めていない該当なし16.1%

1〜数pipsを狙うスキャルピングをする人にとって、ファンダメンタルズはほとんど参考にならないものだと思います。

デイトレードは期間が幅広いですが、10pipsを狙う人はもちろん、50〜100pipsを狙う人にとっても「1ドル125円になる」という予想は特に必要ではありません。

スイングトレードは長くて1週間くらいを想定すると、利益幅は300pipsほどになることもあると思います。それでも抵抗線を意識することはあっても、きっと「1ドル125円になる」という予想を活用する人は少ないと思います。

そうなると「1ドル125円になる」という予想は、ウォーレン・バフェットよろしくフォッフォフォと世を長い目で見ている「投資家」か、値ごろ感でトレードする初心者や趣味でやっている人のための言葉と言えるのかもしれません。

 

FXで利益を出すのと経済通になるのは別物

FXをやっているとごく自然にファンダメンタルズの知識が入ってきて、FXをやっていない人よりは経済に敏感になってきます。

自慢になりませんが、自分自身もこれといって大学で経済を学んでという人ではありませんでしたが、それでも少なからず今のドル円相場のレートも空で言えるくらいになりました。

そう言えば、「自慢ではないけれど」という枕言葉の場合、相手は自慢したがっているという意味なので、「自慢ではないけれど」のあとに出てきた会話を広げてあげると良いというのがお話の基本だそうです。もちろん「ドル円相場が空で言える」のは文字通り自慢にはならないのですが。

さて、脱線したお話を元に戻すと、ファンダメンタルズに精通してくるとついFXができるような気がしてきますが、FXで利益を出すのと経済通になるのはまったくの別物です。なにも学歴は関係ないとか高卒社長がカッコ良いとか言っているわけではありません(わざわざそう主張するのはスマートではないと思います)。

経済通になって今後の見通しを立てたり、FXで相場を予想したりしても、肝心のFXでは利益が出せるわけではないということです。

 

FX相場を予想するのは卒業しましょう

「1ドル125円になる」といった類の予想は、「おっ、円安になりそうだな。FXでも始めてみるか」という方のためや、「買いポジションで含み損を抱えて自分に都合の良い情報だけを信じて祈りたい」方のためのものです。

端的に言えば、FXをきちんとやっている人ほど不要なものになります。

少なくとも(悪い意味ではなく)目の前の利益を追って、ルール通りにトレードを続けるシステムトレーダには役に立つものではなさそうです。

FX相場を予想して賢くなった気になるより、少しでもFX相場から利益を得られるようにシコシコと検証を続ける方が大切と言えます。

 

まとめ

円安がどう進むとか予想するのは卒業しましょう、いかがでしたでしょうか。

2014年は円安が加速したので円安を煽る書籍が目立つようになりました。

FXを始めるのは素敵なことだと思いますが、FXをやっている人にとって相場を予想するというのは遮断して良い情報なのかもしれません。

2015年もより良い利益を出せるように、阿漕なものには目を伏せてコツコツと進んでいきたいなと少しばかり思ったこの頃でした。


The following two tabs change content below.
しゃまらーしか

しゃまらーしか

ひょんなことからFXサイトを作ったシステムトレーダ。東京都港区在住。スプレッドシートを使って過去のチャートを分析するのが得意です。MT4を使ったEAの開発もしています。大好物の甘い物を求めて、今日もVivienne Westwoodのお洋服をこしらえて甘味処を探索しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA